@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

完全流体【かんぜんりゅうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

完全流体
かんぜんりゅうたい
perfect fluid
流体には必ず粘性があるが,理想化して粘性を無視した取扱いをするとき,これを完全流体または理想流体という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんぜん‐りゅうたい〔クワンゼンリウタイ〕【完全流体】
粘性のまったくない仮想的な流体。ベルヌーイの定理が成り立つ。理想流体。非粘性流体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんぜんりゅうたい【完全流体 perfect fluid】
粘性のない仮想的な流体。粘性の小さい流体の流れでは,物体表面境界層衝撃波内部など,速度の変化が著しい,薄い部分を除けば,粘性の影響を無視することができる。そこで上記の薄い部分を無限小の厚さの不連続面とみなし,完全流体という概念を導入することによって理論的な取扱いを容易にすることができる。完全流体の中では,その内部にとった面を通して両側の流体が及ぼし合う内力(応力)は,運動している場合でも静止しているときと同じく面に垂直で面の方向にはよらない大きさで押し合う力(圧力)だけである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

完全流体
かんぜんりゅうたい

粘性を無視した流体のことで、理想流体ともいう。われわれの身の回りの水や油のような液体、空気や水素ガスのような気体は、自由に形を変えるという性質をもち、一括して流体とよぶ。液体や気体は多数の原子や分子からなる粒子から構成されており、それらの粒子は熱運動をしている。日常経験する範囲の大きさでみれば、分子や原子の微視的構造を時間・空間で平均し、連続的な物理量をもつ物体=連続体とみなすことができる。したがって、流体の運動は、各時刻の空間各点での速度、密度、圧力、温度を用いて記述される。その基本方程式はナビエ‐ストークス方程式とよばれている。ところで、水や空気はさらさらしているのに対し、油は粘りがあり流れにくい。この性質を粘性とよび、すべての流体は粘性をもっている。たとえば、カップにコーヒーを入れカップを回すとコーヒーもいっしょに回り始めるのは、粘性が存在するためである。しかし、粘性を考慮した流体の運動は取扱いがむずかしいため、第一段階として粘性のない理想的な流体を調べることが多い。このような粘性のない流体を完全流体とよび、水や空気のようなさらさらした流れを、よく記述できることがわかっている。

[池内 了]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんぜん‐りゅうたい クヮンゼンリウタイ【完全流体】
〘名〙 流体力学で、粘性も圧縮性もないと仮定した流体をいう。また、単に粘性のない流体をいうこともある。理想流体。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

完全流体
カンゼンリュウタイ
perfect fluid

理想流体ともいう.粘性のない理想化された流体をいう.ある連続体内の1点に任意の方向をもつ微小面積Sを考え,その両側の部分をA,Bとする.いま,AからBにはたらく力は一般に面Sに垂直な力 f とSに平行な力 f に分けて考えられるが,連続体が静止の状態のときはつねに f = 0が成立するのがその連続体が流体であるということの条件である.AからBの方向へS平面に垂直にz軸をとる.いま,S平面に平行の方向へのA,Bの速度の差があるとき,あるいは流体のS平面方向の速度vのS平面における傾斜dv/dzがあるとき,一般に f はもはや0ではなく,

f=ηS(dv/dz)
となる.これは流体に粘りが現れてきたことを示すもので,ηは粘性係数である.流体が粘性をもつことの影響は,流体中におかれた物体の表面における流体の速度の考え方に表れる.粘性があるときはこの速度は0であるが,粘性がないときはすべりがあることになる.これは流体の運動の具体的な方程式を解くときの境界条件の相違を意味し,当然,粘性のないほうが簡単である.したがって,実際の流体を理想化して粘性がないものとして運動方程式を解き,その解につき物体表面で粘性を考慮した補正を入れるような方法もとられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

完全流体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

完全流体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation