@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

完晶質【カンショウシツ】

デジタル大辞泉

かんしょう‐しつ〔クワンシヤウ‐〕【完晶質】
岩石の結晶度を表す語。岩石全体が全部結晶で、ガラスを含まない。深成岩にみられる。→ガラス質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

完晶質
すべて結晶でできていて,ガラスを含まない岩石.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんしょうしつ【完晶質 holocrystalline】
火成岩が完全に結晶のみからなり,ガラスを含まないことを表す用語。マグマが地表近くまで上昇せずに地下でゆっくり固結してしまった場合にできやすく,斑レイ岩,花コウ岩などはその例にあたる。火山岩でも結晶化の進行の速い玄武岩では石基にガラスがほとんどない完晶質の岩石ができることがある。【宇井 忠英】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かんしょう‐しつ クヮンシャウ‥【完晶質】
〘名〙 鉱物の成分に関係なく、全体が結晶質の集合からなる組織。主に火成岩についていい、ガラス質に対応する。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

完晶質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

完晶質の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation