@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宗主権【そうしゅけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宗主権
そうしゅけん
suzerainty
従属的な国家結合の一形態である付庸関係において,宗主国従属国に対して有する権限をいう。具体的な内容は宗主国の国内法によって定められる。従属国に代り条約の締結その他外交権能の一部を行使することが多い。トルコは 1908年までのブルガリア,および第1次世界大戦前のエジプトに対し,宗主権をもっていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうしゅ‐けん【宗主権】
他国の内政・外交などを支配・管理する権能植民地などが独立する過程で、本国がその植民地に対してもつ例が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そうしゅけん【宗主権】
他国の主権を従属的に制限する権能。国家が独立する過程で、本国が独立する国に対してもつ場合が多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうしゅ‐けん【宗主権】
〘名〙 ある国が従属国に対し、その内政、外交などに関して監督を行なう権利。
※東京朝日新聞‐明治三八年(1905)八月一七日「第三回(十四日)会見に於て、露国の態度比較的強硬なる勢なりしも、結局朝鮮に関する日本の宗主権を承認せり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

宗主権
そうしゅけん
他国に対し,内政・外交を管理する権限
この権限をもつ国を宗主国,権限を行使される国を従属国という。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗主権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宗主権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation