@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宗教建築【しゅうきょうけんちく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宗教建築
しゅうきょうけんちく
religious architecture
宗教上の目的をもって建てられた建築。原始宗教においてはそれは洞穴内などに設けられたが,宗教が発達してより広い社会現象となるにつれて規模も大きくなり,エジプトシュメールなどの文化においては神殿を形成した。中世には,仏教寺院,ユダヤ教のシナゴーグキリスト教聖堂イスラムモスクなどが高度の建築様式を展開させた。一般に広義の宗教建築は宗教に関連する諸建築を含むが,狭義においては,神,あるいはその神像の占める空間と礼拝または祭礼の場から成る。モスクやシナゴーグは前者を欠くものであり,また後者についてもギリシア神殿のように祭司以外の入室が認められないものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうきょうけんちく【宗教建築】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

宗教建築」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宗教建築の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation