@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宗法【そうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宗法
そうほう
Zong-fa; Tsung-fa
中国,代の社会で成立した宗族組織法。周の封建制度基盤をなしたものと考えられる。長子相続制を骨子とし,大宗と小に分れ,本家にあたる大宗は嫡長子孫によって永代にわたり受継がれる (百世不遷) 。大宗の兄弟は別子と呼ばれて小宗のとなる。小宗もまた長子相続を行うが,包含する族員の範囲は5世代までで,それをこえるとまた別の小宗集団を形成する。宗法的組織は血縁を重んじる中国社会ではのちのちまで行われ,社会生活,法律,道徳の基本法として尊ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

宗法
終戦翌年の1946年に発布された教団の「憲没。組織を宗会(立頬、総局(行政)、監正局(司頬の三権分立型とし、宗会(国会)の議員を全国31教区から選ぶと定める。宗祖親鸞からの世襲で象徴的地位とされる教団トップの門主が指名する候補者から、宗会が総長(首相)を選出。総長が「内閣」にあたる総局を組織し、教団運営にあたる。
(2011-02-04 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

そう‐ほう〔‐ハフ〕【宗法】
中国、代の家族制度。祖先を同じくする数家族で、大宗(本家)が小宗(分家)を統制し、祖先に対する祭祀などを行い、嫡長子相続などの規則を守った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう‐ほう〔‐ホフ〕【宗法】
宗門の法規宗規

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうほう【宗法 zōng fǎ】
中国旧社会の宗族を規制する根本礼制である。主要部分は法に支えられる。身近な親族秩序体系でもあったために,中国旧社会の構造の根幹として深甚な影響力・規範力を発揮した。もともと宗法は西周にを発した。西周社会は〈封建制〉であり,主としての周室の王によって〈諸侯〉が各地に封建され,封地で支配を確立し,その地位を世襲する。その際,嫡長子が父祖の地位を引き継ぐのであるが,嫡長子以外の子が一家をたて,どのように一族を統制するかが《礼記(らいき)》喪服小記に記された宗法の根本である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅうほう【宗法】
「宗教法人しゆうきようほうじん」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうほう【宗法】
宗門の法規。宗規。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうほう【宗法】
中国、周代の宗族の組織規則。大宗(本家)と小宗(分家)の系統を明確にするためのもので、大宗の祖先祭祀さいし・嫡長子相続などをその骨子とする。春秋・戦国時代以降、崩壊。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宗法
そうほう
中国、周代に成立した宗族の組織規定。大宗と小宗からなり、大宗は本家、小宗は分家にあたる。大宗は始祖を中心に嫡長子孫によって無限に受け継がれるが(百世不遷の宗)、小宗は長男の弟が「別子(べっし)」としてたてる家で5世代を限りとし、それを過ぎればまた別の小宗集団を形成する。したがって小宗は無数に生ずるわけであるが、大宗はつねにこの小宗集団をまとめる(収族)立場にある。宗法は貴族の族組織法とされ、王や諸侯の君統とは区別する規定であるが、元来宗法は王位継承に伴う政治的組織の基本であり、殷(いん)代末期にその萌芽(ほうが)が生じたと考えられ、一般的には周の封建制は宗法に従うものとされている。すなわち、王室、諸侯、卿大夫(けいたいふ)の関係はすべて宗法的な族秩序をもって構成されたと思われる。しかし一方、諸侯や貴族の間にこの制度が浸透するのは、西周後半から春秋時代にかけてのことであろうとも考えられている。宗法に基づく貴族社会の秩序が「礼」とよばれるものであるが、礼の制度は戦国時代に入るとしだいに崩壊してゆく。しかしそれは後世にまで大きな影響を及ぼし、宋(そう)代になるとふたたびその復活が強調された。[宇都木章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐ほう【宗法】
〘名〙
[一] (:ホフ)
① 宗門の法律。各宗派の法。各宗派が独自に制定した統制法で、その宗派に属する僧を拘束する。宗規。
※禁令考‐前集・第五・巻四一・慶長一九年(1614)正月「御入国之砌被仰渡候御掟書扣〈略〉一 本寺宗法出置、其段無油断相尋、宗法相背者於之は」
② 仏教論理である因明の第一段。「声は無常なり」といった、因明の命題。〔因明正理門論本〕
③ 宗祖の法。祖師の教え。一宗の開祖の説いた教え。
※随筆・世事見聞録(1816)三「今の官位、法老は更に碩学の勲功、宗法の道徳の意に非ず」
[二] (:ハフ) ⇒そうほう(宗法)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐ほう【宗法】
〘名〙
[一] (:ハフ) 中国、周代に行なわれた家族制度。祖先を同じくする数家族で大宗(本家)が小宗(分家)を統制し、祖宗廟の祭祀、一定期間の服喪、同宗不婚、共同饗餐の四事を行なったもの。宋代に一時復活。〔万斯大‐宗法論〕
[二] (:ホフ) ⇒しゅうほう(宗法)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

宗法
そうほう
周の封建制度の下で,治者階級が同族の家族組織のあり方を規定したもの
宗とは祖廟 (そびよう) の。嫡長子 (ちやくちようし) 相続・同族不婚の原則の維持のために,大宗・小宗・本家・分家・嫡・庶の系統を厳別。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宗法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation