@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宗谷(南極観測船)【そうや】

日本大百科全書(ニッポニカ)

宗谷(南極観測船)
そうや

初代の南極観測船。ソ連(当時)の注文により1938年(昭和13)長崎の香焼(こうやぎ)造船所で竣工(しゅんこう)した耐氷構造貨物船である。契約破棄のため、海軍特務艦として測量、輸送に従事した。50年(昭和25)海上保安庁の所属となり灯台補給船として就役。57年から58年の第3回国際地球観測年の南極観測に日本の参加が決まり、耐氷構造船として観測船に選ばれた。56年の予備観測には1メートルの砕氷能力に改造されて参加、その経験により改造を加え、57年の第一次から62年の第六次までの観測に従事した。その後警備救難業務用船として就航し78年解役された。現在は東京都の船の科学館で公開展示されている。第6次南極観測当時の要目は、2736総トン、全長83.7メートル、幅12.8メートル、深さ9.3メートル、主機関ディーゼル2基、馬力2400馬力×2、速力12.3ノット。宗谷の名は78年建造された砕氷型巡視船が継承している。

[茂在寅男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗谷(南極観測船)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宗谷(南極観測船)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation