@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

官吏制度【かんりせいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官吏制度
かんりせいど
明治政府の官吏任用制度は明治2 (1869) 年7月8日の職員令附録官位相当表の公布に端を発し,同月 27日には勅任官,奏任官判任官の別が定められた。 1885年 12月 23日内閣制度創始とともに,内閣総理大臣伊藤博文によって示された「官紀五章」に官吏登用の記述があり,それをきっかけとして,87年7月 20日文官試験試補及見習規則が公布されるに及んで,新政府の官吏任用は法制化され一本化された。 89年発布された明治憲法は,第 19条で,一般国民を文武官に任用することを臣民の権利として保障したが,93年 10月 31日公布の文官任用令,文官試験規則は,官吏の任用が門地門閥に左右されることなく,個人の才能によって行われることを明確化した。官吏の一般服務規律は,82年7月 27日制定の行政官吏服務紀律および,それを改正した 87年7月 29日の官吏服務紀律によって規定された。また,懲戒については,76年4月 14日設けられた官吏懲戒令に,譴責罰俸免職の3種の懲戒が定められ,99年それを改めた文官懲戒令が公布された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんりせいど【官吏制度】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

官吏制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官吏制度の関連情報

関連キーワード

共鳴安定化エネルギーケプラー186f賭博開帳図利罪アダム ジョーンズシュテフィ グラフ私立高の大学合格実績の水増し証人と参考人就職安定資金融資担い手経営安定対策地域高規格道路

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation