@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

官吏【カンリ】

デジタル大辞泉

かん‐り〔クワン‐〕【官吏】
国家公務員のこと。役人官員。「官吏登用」
明治憲法下で、天皇大権に基づいて任命され、国家に対し忠順かつ無定量の公務に服した者。高等官および判任官をさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんり【官吏】
一般に役人,官員をさすが,狭には明治憲法体制のもとで秩序づけられたそれの制度上の呼称である。その制度は明治憲法10条の天皇の官制大権と,19条の臣民就官能力の規定とに基づき,さまざまの天皇の勅令によって定められていた。つまり戦後国家公務員法と異なり,明治憲法期には官吏制度全般を包摂した単一の法典はなく,任用給与服務,分限,懲戒などの各分野ごとに個別の法令が存在したのである。しかも官吏の国に対する勤務関係は私法上の雇傭契約関係とは異なり,公法上の倫理的隷属関係と理解されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんり【官吏】
国家公務員の通称。役人。官員。 高級-
旧憲法下で、天皇の大権に基づき任官され国務に就いた高等官と判任官。私法上の契約により国務に就いた雇員・傭人と区別されていた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

官吏
かんり
明治憲法下で、天皇の大権に基づいて任命され、統治権の総攬(そうらん)者たる天皇への人的な忠誠心によって義務づけられ、無定量の公務を担当・執行するもの。明治憲法下の官吏は、身分的に天皇に隷属しつつ、国民に対しては特権的官吏団を形成していた。日本国憲法(7条・73条)、法律においても官吏の語が使用されるが、憲法上(15条)、官吏の観念は本質的に変わり、国家公務員とほぼ同義である。例外として会計法、恩給法上の官吏概念がある。[平田和一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐り クヮン‥【官吏】
〘名〙
① 役人。官人。官員。
※続日本紀‐天平宝字三年(759)六月丙辰「官吏不行、此何以教士民
※島崎金次郎宛大田南畝書簡‐享和元年(1801)五月二五日「官吏にて一向役所などより不申来候もおかしく候き」 〔史記‐始皇本紀〕
② 旧憲法下で、国家に対し、忠順に無定量の勤務に服するために、国家から特に選任されたもの。その任命権は天皇の大権に属していた。現在では国家公務員とほぼ同じ意で使われる。
※官吏服務紀律(明治二〇年)(1887)一条「凡そ官吏は天皇陛下及天皇陛下の政府に対し忠順勤勉を主とし法律命令に従ひ各其職務を尽すべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官吏
かんり
公務員」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官吏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官吏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation