@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

官展【かんてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官展
かんてん
文展,帝展日展など政府が主催した展覧会の総称。文展文部省美術展覧会の略称で,1907年から 18年まで 12回開かれ,日本画,洋画,彫刻の3部制をとった。 19年新たに帝国美術院規定が制定され,文展を帝国美術展覧会 (帝展) と改称,34年まで 15回行われた。その間 27年から美術工芸部門が設置され,32年から創作版画が加えられた。 35年に帝国美術院改組,帝国美術院官制制定などによって美術界が紛糾し,帝展は行われず,翌年春に改組第1回帝展 (新帝展) が開かれたが1回限りで廃止,同年秋文部省美術展覧会が開催された。 37年新たに帝国芸術院官制が公布され,あらためて第1回文部省美術展覧会 (新文展) が開かれた。新文展は 43年まで6回続き,翌年,文部省主催の戦時特別美術展が催された。第2次世界大戦後は,46年春に文部省主催の第1回日本美術展覧会 (日展) が開かれた。日展は以来毎年1回行われ,57年まで 13回続いた。その間,47年帝国芸術院は日本芸術院と改称,翌年から日展は日本芸術院主催となり,49年には日展運営会が組織され,第5~13回日展は日本芸術院と日展運営会が共催。 58年日展は日本芸術院と分離して社団法人日展となり,完全な在野団体として官展の性格を脱皮し,現在にいたっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐てん〔クワン‐〕【官展】
《「官設美術展」の略》政府が主催する美術展覧会。日本では、明治40年(1907)、日本画・洋画・彫塑の総合展である文部省美術展覧会(文展)が開始。大正8年(1919)帝国美術院展覧会(帝展)と改称。その後、新文展、日展(日本美術展覧会)を経て、昭和33年(1958)から民間団体である社団法人「日展」の運営となり、官設展は消滅した。→日展

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんてん【官展】
政府が主宰する美術展覧会とその機構。1907年(明治40)の文部省美術展覧会(通称文展)開設をそのはじまりとする。これは,日本美術,洋風美術それぞれの新旧諸流派が対立し反目し合う美術界に共通の場を与え,抗争を収拾して美術の振興を図ることを目的として設けられたもので,その年の6月,勅令をもって官制が発布され,10月から11月にかけて上野公園で第1回展が開催された。東京帝国大学教授大塚保治の建議正木直彦や黒田清輝らの運動が開設をうながしたという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

官展
かんてん

政府の主催する美術の公募展覧会のことで、在野の美術団体の公募展に対して用いた通称。明治中ごろ美術運動が盛んになると、多くの美術団体が結成されたが、政府は美術の振興を図る目的で、文部省に美術審査委員会を設け、1907年(明治40)以来、毎年文部省美術展覧会(文展)を開催した。しかし審査員の選出、官僚的な運営など弊害が絶えず、19年(大正8)帝国美術院規定を発布、帝国美術院は文部大臣の管理に属し、その事業の一つとして美術展覧会を開いた。これを「帝展」とよんだ。しかしこれも日本画の横山大観、下村(しもむら)観山が会員を辞退するなど、在野の美術家で名を連ねるものも少なく、しばらくたつとまた円滑な運営を欠くに至った。そこで35年(昭和10)、時の松田文相は帝国美術院の改組を打ち出したが、いっそうの混乱を招き、37年同院を解消、新たに帝国芸術院を設置、美術展は文部省の主催にして、いわゆる「新文展」を開催した。46年(昭和21)文展は日本美術展覧会(日展)と改称、のち官展色を取り除く意味もあって、59年3月社団法人日展という民間の美術団体が設立され、毎年秋に展覧会を開き、日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の各部門を擁し、現在最大の組織を有する美術団体となった。

[永井信一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐てん クヮン‥【官展】
〘名〙 政府が主催する美術展覧会。〔新しき用語の泉(1921)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

官展
かんてん
政府主催の展覧会。➡ 文展

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官展」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官展の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation