@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

官庁【カンチョウ】

デジタル大辞泉

かん‐ちょう〔クワンチヤウ〕【官庁】
定められた国家事務について、国家の意思を決定し、それを表示する権限を有する国家機関。担当する事務によって司法官庁行政官庁に、また管轄区域によって中央官庁地方官庁に分けられ、組織上では独任制のものと合議制のものとがある。
1の事務を実際に執り行う諸機関。官署。
一般に、役所

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんちょう【官庁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

官庁
かんちょう

国の意思の決定をなしこれを外部に表示する権限を有する国家機関。機能的観点からの分類から補助機関、諮問機関、参与機関、執行機関などと対比される。官庁には独任制のものと合議制のものとがある。また、その担任する事務が司法事務か行政事務かによって司法官庁(裁判所)と行政官庁(内閣、各省大臣、各庁の長、行政委員会、地方支分部局の長など)に分かれる。国の機関たる行政官庁と地方公共団体の機関とをあわせて行政庁とよぶ。行政官庁は、その権限が組織法によって明確に限界づけられている。行政官庁は、内閣を頂点とするピラミッド型構造をなし、上級官庁が下級官庁を監督し、全体として統一的かつ有機的な事務の処理を可能にする仕組みがとられている。官庁は、国の意思を決定しこれを外部に表示する国家機関としての意味のほか、広く国の役所という意味で用いることもある。

[平田和一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐ちょう クヮンチャウ【官庁】
〘名〙
① 令制の、太政官の役所。太政官庁。
※中右記‐康和五年(1103)三月四日「相率頭弁小納言実明上官、於官庁下名、次第如常」
② 法律によって定められた国家的な事務を取り扱う国家の機関。法令に基づいて国家の意志を決定したり、表示したりする権限を持つ。事務の性格によって、司法官庁と行政官庁とに分けられ、また、その管轄する区域によって、中央官庁と地方官庁とに分けられる。
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)六一条「行政官庁の違法処分に由り権利を傷害せられたりとするの訴訟にして」
③ ②の国家機関の事務を実際にとり行なうところ。また、その補助機関。各省、都道府県庁など。官署。
※刑法(明治一三年)(1880)一三七条「兇徒多衆を嘯聚して官庁に喧閙し官吏に強逼し」
④ 一般に、公の事務を取り扱う機関。役所。官衙(かんが)
※日本風俗備考(1818頃)二「斯の如く広き官庁は、四面に高壁を構へ廻らしたる内にあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐の‐ちょう クヮンのチャウ【官庁】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官庁
かんちょう
行政庁」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation