@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

官戸【かんこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官戸
かんこ
令制の有の最下層の一つ。罪に座して良民から落ちたもの,家人 (けにん) ,奴婢と主家との間の子などをいう。身分官奴婢より高く,一家を構え民と同額の口分田をもったが,収穫物はすべて官納し,衣食などは官給された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐こ〔クワン‐〕【官戸】
唐代の中国で、官に所属していた賤民の一。
宋代以降の中国で、科挙に及第して官僚となった者の家。
日本の律令制で、官奴司(かんぬし)に所属し、雑役に駆使された賤民良民と同様に口分田受けたが、収穫はすべて官に納めて衣食を支給された。官人・良民で罪を犯して没官(もっかん)された者、家人(けにん)奴婢(ぬひ)が主家の人と通じて生まれた子、官奴婢で66歳以上の者などが含まれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんこ【官戸】
中国,前近代の身分呼称。唐代では官庁に隷属する官賤民の一種。官賤民中で太常音声人および雑戸の下,官奴婢の上に位置づけられる。司農寺等の官庁に籍があり,年間三番の交代制で1ヵ月ずつ勤務するたてまえであった。官戸中技能をそなえ少府・太常寺に上番するものを工戸・楽戸(工楽)と呼んで特別扱いとした。良民の半額に当たる口分田40畝支給の規定があり,婚姻は同一身分間でのみ認められた。長年勤務すると一段解放されて雑戸となり,また老年になると良民に解放される場合もあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

官戸
かんこ

中国

中国で、賤民(せんみん)の一種をさす場合と、官僚の家をさす場合と2通りの意味がある。前者は唐代の官有賤民の一つで、唐代法上で官奴婢(ぬひ)が恩赦により、または60歳に達して官戸とされた。官奴婢が通年労役に服するのに対し、官戸の所属官庁への労働は年に計3回、3か月で、均田法においても、均田農民の2分の1の口分田が支給され、官奴婢よりは一級上の賤民であった。後者は、宋(そう)代で恩蔭(おんいん)(高官の子弟が科挙によらず、親より数等低い官に任ぜられること)や進納(買官)による場合もあったが、その中心は科挙官僚で、数多くの官戸が科挙試を通して絶えず新たに誕生した。科挙は実力主義であったから、官戸は門閥化することはなかった。科挙官僚は、儒学の古典に通じ詩文に巧みな知識人で、士大夫として宋以後の支配階層を構成した。唐末以降の新興地主層を母体として形勢官戸ともよばれ、その多くは荘園を経営した。不輸不入の特権は与えられなかったが、諸種の付加税や地主層に重い負担であった職役(しょくえき)を免除された。地主層は官戸に土地を寄託して役を免れようとし、官戸はこの特権を利用して大土地所有を拡大したため、北宋(ほくそう)末になって限田法が実施され、官品の上下に従って、規定額以上の所有地に対しては免役を認めないことになり、南宋になるとさらに制限は強化された。北宋中期以降、華北にかわって江南出身の官僚が増加し、政権を担当するようになるが、これは江南経済の発展を背景としている。

[柳田節子]

日本

日本古代の律令(りつりょう)制における五色(ごしき)の賤(せん)(陵戸(りょうこ)、官戸、家人(けにん)、公奴婢(くぬひ)、私奴婢(しぬひ))の一つ。宮内省被管の官奴司(かんぬし)に公奴婢とともに配されて使役された。官戸は公奴婢より上位の身分で、戸をなし、一戸全員が駆使されることはなく、公奴婢の年66歳以上および廃疾の者は官戸とされ、さらに官戸は76歳以上になると解放されて良民となる。740年(天平12)の遠江(とおとうみ)国浜名郡輸租帳では良民を官戸と称しており、8世紀前半のうちに賤民としての官戸は実態がなくなった。

[石上英一]

『井上光貞他編『日本思想大系3 律令』(1976・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐こ クヮン‥【官戸】
〘名〙
① 中国、唐代、官に所属した賤民の一つ。官奴婢から解放されたもので、年に三回、一か月ずつ労役に服し、良民の半分にあたる四〇畝の区分田を支給された。番戸。公廨戸(こうかいこ)
② 中国、宋代以降、科挙に及第して官僚となった家。⇔形勢戸
③ 令制の賤民の一つ。官司に配属されて雑役に駆使された。一戸を構えることができる点で奴婢よりも身分的差別が緩やかであり、奴婢が良民となるには一度官戸に編入される定めであった。良民の没落したもの、六六歳以上あるいは廃疾の奴婢、家人・奴婢と主人などの間の子などがこれとされた。
※続日本紀‐慶雲四年(707)五月癸亥「刀良等被唐兵虜没作官戸」 〔令集解(711)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

官戸
かんこ
①唐代では,官庁付属の賤民のこと
②宋代以後では,官僚の家を官戸という
良人の下にあり,賤民の中でも,雑戸・官戸・奴婢 (ぬひ) の順であった。均田制においても,口分田は良人の半分の40畝を給された。
戸籍に記入された上,賦役の免除などの一代貴族的特権を受け,大きな勢力をもった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

官戸
かんこ
令制下,五色の賤の一つ
官庁の雑役に使役された。宮内省官奴司 (かんぬのつかさ) に属し,戸を構え,口分田が給されたが,収穫米は官に納め,衣服が支給された。良民と奴婢 (ぬひ) との間の出生者,良民の犯罪者,66歳以上の官奴婢などから構成された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation