@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

官省符荘【かんしょうふしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官省符荘
かんしょうふしょう
律令制で,最高行政官庁である太政官と,直接民政にあたる官庁の民部省とから不輸租 (免税) の特権を認められた荘園。その許可が太政官符と民部省符とによってなされたため,この名がある。初期荘園においては,不輸租は例外的な場合にしか認められなかったが,諸家,諸寺社は種々の口実を設けて不輸の特権を得ようとし,その理由を申請した。この官省符根元は天皇の「勅」にあるところから,園としての実質的な性格は,勅免荘と同じであった。したがって,官省符荘は律令政治が権威をもっていた時代には,最も強い特権をもっていた。その発生は平安時代の初期と考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんしょうふ‐しょう〔クワンシヤウフシヤウ〕【官省符荘】
律令制下、太政官官符民部省の省符によって免税の特権を認められた荘園。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんしょうふしょう【官省符荘】
政府が,太政官符や,それをうけた民部省符を下して(これらを総称して官省符という),荘園の永代領有と,その田地からほんらい国に納めるべき租税を免除される不輸の特権とを公認した荘園。特定の神社・寺院に所有が認められた神田寺田は,律令国家の初期にはまだ正式な不輸租田でなかったが,8世紀中期,天平宝字年間のはじめごろ,神田・寺田は公田として取り扱われるようになり,正式に不輸租田となった。そこで政府は,神田・寺田を官省符で不輸租荘園として公認する手続をとったのが,官省符荘のはじまりである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かんしょうふしょう【官省符荘】
紀伊国伊都郡(現,和歌山県橋本市,伊都郡高野口町,九度山町かつらぎ町)の荘園。高野山金剛峯寺の根本寺領で,政所荘,高野本荘金剛峯寺荘などともいう。紀ノ川をはさんで,北は河内国南堺から南は高野山麓におよび,東は相賀(おうが)荘,西は桛田(かせだ)荘に接する広大な荘園である。河南河北(上方),下方の3地域から構成されるが,これは成立の経緯の違いによるところが大きい。まず河南は高野政所(慈尊院)を中心とする地域で,寺家の敷地の拡大という事実上の領有が先行し,正式に立券されたのは1049年(永承4)の河北の成立と同時であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんしょうふしょう【官省符荘】
律令制下、太政官符と民部省符によって、不輸租の特権を認められた荘園。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

官省符荘
かんしょうふしょう
太政官符(だいじょうかんぷ)・民部省符を得て不輸租を認められた荘園をいう。もともと荘園は輸租田であったので、領主の申請に基づいて四至(しいし)(境界)を確定し、不輸租としたもの。記録のうえでは845年(承和12)東寺領丹波(たんば)国多紀郡大山荘(兵庫県丹波篠山(ささやま)市)が早い例である。その手続は、申請により太政官から派遣された官使が国司・郡司および荘官らとともに現地を調査し、境域を定めて四至に(ぼうじ)を打ち、四至・坪付(つぼつけ)(地積)を記した券文と絵図(荘園図)とを作成、そのうえで認定の文書を太政官・民部省から発給した。これを立券荘号という。しかし官省符荘となっても、検田使など国使の入部を排除できたわけではなく、10世紀以後は臨時雑役(ぞうやく)などを賦課されることも多く、しばしば国衙(こくが)と紛争を起こしている。[村井康彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

官省符荘
かんしょうふしょう
律令制下,太政官符と民部省符により不輸租,すなわち特権を認められた荘園
9世紀中ごろから始まり,荘園としての特権のうち官省符荘が最も強かった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官省符荘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官省符荘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation