@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

官軍【カングン】

デジタル大辞泉

かん‐ぐん〔クワン‐〕【官軍】
朝廷・政府側の軍隊。「勝てば官軍

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

官軍
朝廷方の軍隊。朝敵とのに際しては、その標として赤地に金銀御旗をいただいた。戊辰戦争においては、倒幕派が江戸に送った東征軍(徳川慶喜を朝敵とする)をこう呼ぶ。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

かんぐん【官軍】
一般的に朝廷側の軍隊のだが,狭義には戊辰戦争時の新政府側軍隊を指す。幕府側は〈賊軍〉とされた。1868年(明治1)鳥羽伏見戦後征討大将軍嘉彰親王が任命され,各地に鎮撫使が派遣された。さらに2月,東征大総督府が置かれ,大総督に有栖川宮熾仁(たるひと)親王が任命され,諸道総督府が設置された。ここに官軍は菊章旗(錦の御旗)を得,指揮体系もととのった。諸道総督府は,広範な軍令・軍政権限を持ち,薩摩藩や長州藩などの実力者が参謀として加わり,戦局を指導した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんぐん【官軍】
朝廷側・政府側の軍隊。 勝てば-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐ぐん クヮン‥【官軍】
〘名〙 朝廷の軍勢。政府方の軍隊。
※続日本紀‐慶雲四年(707)五月癸亥「初救百済也。官軍不利」
※太平記(14C後)九「官軍多討れて内野へはっと引」 〔晉書‐桓温伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官軍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官軍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation