@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

官途奉行【カントブギョウ】

デジタル大辞泉

かんと‐ぶぎょう〔クワントブギヤウ〕【官途奉行】
鎌倉幕府室町幕府の職名。御家人などの官爵叙任をつかさどった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんどぶぎょう【官途奉行】
鎌倉・室町幕府において御家人の任官叙爵のことをつかさどった官職任官奉行とも呼ばれた。源頼朝は御家人が直接に朝廷から官職を得ることを禁止して頼朝が推挙する方針をとり,以後の幕府も原則としてこの政策をうけついで,任官叙爵も幕府の御恩の一つとなったが,初めのうちはその実務を行う特別の官は置かなかった。しかし成功(じようごう)のことなどで叙任に問題があり,13世紀半ばの建長のころには清原満定奉行としてこれに当たっており,その後評定衆の中から官途奉行が任命されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんとぶぎょう【官途奉行】
鎌倉・室町幕府の職名。御家人などの任官・叙爵のことをつかさどった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんと‐ぶぎょう クヮントブギャウ【官途奉行】
〘名〙 鎌倉・室町幕府の職名。御家人などの官爵、叙任のことをつかさどったもの。
※園太暦‐貞和五年(1349)二月二日「武家の官途奉行にて候程に、こころえたく候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官途奉行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官途奉行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation