@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

官途【カント】

デジタル大辞泉

かん‐と〔クワン‐〕【官途】
《古くは「かんど」》
官吏の職務、または地位。官職。
鎌倉時代、受領(ずりょう)に対して、京官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんと【官途】
かんどとも
官吏としての仕事や地位。 -に就く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐と クヮン‥【官途】
〘名〙 (古くは「かんど」とも)
① 官吏としての職務または地位。官職。官位。
※平治(1220頃か)上「又官途のみにあらず、奉祿も猶心のまま也」 〔白居易‐香爐峯下新卜山居題東壁重題詩〕
② (━する) 仕官の道。官吏となること。仕途。
※御湯殿上日記‐明応八年(1499)八月一二日「山ふしくわんとの御れい二千疋まいる」
※日葡辞書(1603‐04)「Quando(クヮンド) スル」
③ 鎌倉時代、受領に対して、京官をいう。
※吾妻鏡‐正治二年(1200)九月二五日「山城三郎行村等、日来所望官途事、仍所申靫負尉也」
④ 室町時代以降、庶民が成人し、その属する集団の有資格者と認められるために宮座・村落などに申請して与えられる、衛門(えもん)・尉(じょう)などの名。その名を名乗る儀礼を官途成(かんどなり)という。
※本福寺門徒記(1560頃)「その弟近藤といふ。官途(クヮント)して三郎衛門といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官途」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官途の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation