@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

定式【ジョウシキ】

デジタル大辞泉

じょう‐しき〔ヂヤウ‐〕【定式】
定まった儀式。また、きまったやり方。ていしき。
「父の身分はやっと藩主に―の謁見が出来ると云うのですから」〈福沢福翁自伝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐しき【定式】
一定の方式。じょうしき。「定式にのっとる」「定式作法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうしき【定式】
歌舞伎で舞台美術の各部門における決まったやりかた,または形式という意味。最も多く使われるのは〈大道具〉の部門で,劇場常備の三色の引幕(ひきまく)を〈定式幕〉といい,一定の様式をもった常備の大道具を〈定式大道具〉,あるいは単に〈定式物〉という。江戸の大衆に重んじられた吉例思想の影響もあり,歌舞伎の演出に一定の型ができるにともない,いろいろな場面に使用できる便宜のために整備された。,衣装,小道具などでも使う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうしき【定式】
定まった儀式・やりかた。定例。ていしき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ていしき【定式】
一定の形式。きまった方式。じょうしき。 -化する -化された方法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐しき ヂャウ‥【定式】
〘名〙 さだまった儀式。きまったやり方。定例となった仕法。ていしき。
※洒落本・太平楽巻物(1782)「定式(ヂャウシキ)のほかにもらふ客が、たんとなくては一日もくらさりゃうか」 〔潘岳‐西征賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐しき【定式】
〘名〙 さだまった形式。一定の方式。一定の儀式。じょうしき。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「其商売よく繁昌して年々定式の利息の外に別段の割合多けれは手形も自から高価となり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation