@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

定役【ていえき】

世界大百科事典 第2版

ていえき【定役】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょう‐えき ヂャウ‥【定役】
〘名〙 旧刑法では、徒刑囚・懲役囚・禁錮囚、現行刑法では、懲役囚に科せられる一定の労役。ていえき。
※刑法(明治四〇年)(1907)一二条「懲役は監獄に拘置し定役に服す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐やく ヂャウ‥【定役】
〘名〙
① 定めて、置いた役。係として置かれている役目。また、その人。
※金沢文庫古文書‐正慶元年(1332)一一月二一日・鎌倉将軍家御教書(七・五四一三)「鶴岡八幡宮二月臨時祭御代官事、為定役勤仕之状」
② 中世、臨時課役に対して恒定の課役をいう。
※新編追加‐文永元年(1264)四月一二日「領主等作田畠蚕養事、為先例之定役者、今更不相違

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐えき【定役】
〘名〙 監獄の中で、懲役囚に科せられる一定の労役。じょうえき。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉七「先づ着物の定役(テイエキ)を記さんに赤き筒袖の着物は単衣(ひとへもの)ならば三枚、〈略〉又股引(ももひき)は四足縫ひ上ぐるを定めとし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐えき〔ヂヤウ‐〕【定役】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐えき【定役】
懲役囚に科せられる一定の労役。じょうえき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定役の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation