@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

定期船【ていきせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

定期船
ていきせん
liner
始発港,寄港地,到着港,発着予定日,航路名などをあらかじめ公表して,一定航路を定期的に航海する船舶荷物を求めて不定期に行動する不定期船に対して用いられる。あらかじめ公表された運賃率で定期貨物 (主として機械雑貨) を積取り,不定期船より速い。普通,定期船船主はそれぞれの路で運賃同盟 (あるいは運賃協定) を結成している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ていき‐せん【定期船】
一定の航路を定期的に運航する船。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていきせん【定期船】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ていきせん【定期船】
貨客の有無にかかわらず一定の航路を定期的に航走する商船。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ていき‐せん【定期船】
〘名〙 一定の航路を定期的に航行する船舶。旅客や貨物の有無多少にかかわりなく、航路、寄港地、発着日時などがほぼ一定している。ライナー。〔外航船舶建造融資利子補給臨時措置法(昭和二八年)(1953)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定期船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定期船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation