@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

定置網【ていちあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

定置網
ていちあみ
trap net
海中の一定の場所に常設し,魚群を誘導,捕獲する漁網総称網漁具分類中の建網類に相当する。定置の多くは魚道を遮断し,魚群を誘導する (かき) 網と,垣網で誘導された魚群を落し入れる身網 (袋網,胴網ともいう) とから成っている。魚の入網口 (羽口) が垣網の左右に開いた両口のものと,入網口の一端から垣網が出ている片口のものがある。前者イワシアジサバイカなどに,後者ブリマグロなどの漁獲に使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ていち‐あみ【定置網】
移動する魚の通路に網を仕掛けて捕らえる漁法。また、その網。升網類・落とし網類など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていちあみ【定置網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

定置網
ていちあみ

網漁具のうち、固定網漁具の一種。定置網は建網(たてあみ)ともよばれ、この漁具で水産生物を漁獲する漁業を定置網漁業という。サケ、イワシ、マグロ、ブリ、サバ、イカなど季節的に接岸回遊する魚群の通路を遮断して網の中へ誘導し、その中に落とし入れて一挙に漁獲する趣向の網漁具である。網は一漁期を通じて固定設置するのが普通であるが、数日間で位置を変えることもある。定置網類は、魚道を遮断するために陸岸近くから沖へ向かう垣網(かきあみ)部(手網、道網ともいわれる)と、垣網により誘導されてきた魚群を落とし入れる身網(みあみ)部(袋網、胴網、箱網などともいう)とからなる。さらに、身網部には囲網(かこいあみ)部(運動場ともいう)を有するもの、あるいは落し網類のように、入網した魚群の逃逸を防ぐために昇網(のぼりあみ)と称する傾斜のついた漏斗(ろうと)状の通路を有するものもある。これらの定置網類は側張(がわば)りや型綱が土俵や錨(いかり)などで固定され、これに網地がつり下げられており、土俵の固定力と浮子(あば)の浮揚力、網地と沈子(ちんし)の沈降力などのつり合いで網の水中形状が適正に保たれるように構成されている。浅い水深に敷設されるもののなかには、木や竹などの支柱を立てて網の形状を整える桝網(ますあみ)類などがある。

 定置網類は、構造の特徴により、台網類、落し網類、桝網類、出し網類、張網(はりあみ)類、網魞(あみえり)類の6種に分類されている。現在の定置網はほとんど落し網の機構をもったものになっている。落し網類は垣網、昇網、袋網の3部または、さらに囲網もついた4部からなり、昇網を有するところに特徴がある。小型のものは2~3人、大型のものは数十人で操業され、1日に1~3回定期的に揚網して漁獲する。操業では、ボールローラー、ラインホーラー、ビッグホーラー、Vローラーなどの油圧式揚網機、漁獲物の陸揚げ用のフィッシュポンプ、入網魚群情報の遠隔探知が可能なテレサウンダーの導入により省力化が進んでいる。

 日本における2008年(平成20)の定置網漁業全体の漁獲量は約50万トン、着業統数は大型定置網454ヶ統(かとう)(定置網一式を1ヶ統とよぶ)、サケ定置網632ヶ統、小型定置網3575ヶ統の合計4661ヶ統である(農林水産省大臣官房統計部「2008年漁業センサス」による)。漁具の規模が漁場水深に比例することから、原則として水深27メートル以上の場所に身網が設置される大型定置網、27メートル未満に設置される小型定置網、および北海道でおもにサケ・マス類をとるサケ定置網とに、法的に区分されている。2008年のそれぞれの漁獲高についてみると、大型定置網の漁獲量は26万3422トン、小型定置網の漁獲量は14万1652トン、サケ定置網の漁獲量は12万6295トンとなっている(農林水産省「平成20年漁業・養殖業生産統計年報」による)。

[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ていち‐あみ【定置網】
〘名〙 定置漁具のうち、主要部が網地によって構成されている網漁具をいう。分類上、台網類、落網(おとしあみ)類、枡網類、張網類、出網(だしあみ)類、網魞(あみえり)類のほか、関西方面、茨城地方などで建網(たてあみ)と称する定置漁具としての底刺網も含まれる。建網。
※日本拝見‐稚内(1957)〈中野好夫〉「海岸近くに定置網(テイチアミ)というやつで坐して待っていれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定置網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定置網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation