@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

定義温泉【じょうげおんせん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

定義温泉
じょうげおんせん

宮城県中央部、仙台市青葉区にある温泉。大倉川上流、後白髪(うしろしらひげ)山の南麓(なんろく)にある。精神病に卓効ありといわれる。泉質は塩化物泉。定義の集落は平家の落人(おちゅうど)の伝説をもち、平貞能(さだよし)(定義)が阿弥陀如来(あみだにょらい)を祀(まつ)ったといわれる西方寺(定義如来)がある。

[長谷川典夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

定義温泉
宮城県仙台市青葉区、大倉川上流にある温泉。“定義”は「じょうげ」と読む。古くから精神疾患に効くとされ“逆上(のぼせ)引下げの”と呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定義温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定義温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation