@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

定額寺【じょうがくじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

定額寺
じょうがくじ
奈良,平安時代の寺格一種。 500~1000束の灯分稲が国から支給され,これを出挙してその利息を灯油料とし年分度者をおいた。その起源は天武9 (680) 年,諸寺の食封点検を行なって寺の名を定めたことにあると思われる。その目的は私寺濫造正し,国家統制を加えることにあった。天平勝宝1 (749) 年定額寺の墾田は 100町と定められた。9世紀以後,定額寺の数は次第に増加し 10世紀末頃には 60ヵ寺にものぼった。親王,大臣らの本願寺で定額寺でないものはないほどであった。律令制崩壊とともに国家の恩典が得られなくなると,申請する者もなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうがく‐じ〔ヂヤウガク‐〕【定額寺】
平安時代、朝廷が特に数を限り官寺に準じて制定した寺。私寺の乱造を防ぎ統制を強めるために制定したもので、官稲を受けた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうがくじ【定額寺】
奈良~平安時代に官大寺,僧寺と尼寺の国分二寺の次に位置づけられた寺院。字義については寺額の公許=公認寺院の,一定の数を限って設けられた意とするなどがある。716年(霊亀2)発布の寺院整理の詔に私寺が争って題額を求めたとある。749年(天平勝宝1)諸寺墾田数が定められ,定額寺100町とされたが,この時点で定額寺についての具体例は存在しない。しかし延暦年間(782‐806)以降定額寺は急増し,貴族僧侶,地方豪族の私寺が次々に奏請して定額寺に列せられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょうがく‐じ ヂャウガク‥【定額寺】
〘名〙 奈良・平安時代以降、官寺に準じて鎮護国家を祈らせた寺。官寺待遇を願い出る寺が多かったことと、私利を営む私寺の濫造を防ぐこととのために置かれたもので、官稲を賜わった。平安後期以降有名無実化した。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)七月乙巳「自余定額寺、寺別一百町」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

定額寺
じょうがくじ
古代に行われた官寺制度による一定の格をもつ寺
私寺の乱造を抑えて統制するために,680年に設けたのが始まりという。定額寺になると,国家は私人の建立した寺に寺額を与え,官稲を支給した。その経済的保護を目あてに,平安時代激増したが,律令制の動揺とともにしだいに衰えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定額寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定額寺の関連情報

関連キーワード

ジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン王 北星王 濛カタリン コバチ王 濛コバチ カタリンジェニー ウォルフ王 北星イ・ガンソク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation