@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

定額【ジョウガク】

デジタル大辞泉

じょう‐がく〔ヂヤウ‐〕【定額】
きまった額。ある一定の数。ていがく。
「唐船の数定まりぬれば、―の外に来たれる船をば積み戻しといひて」〈折たく柴の記・下〉
定額僧」に同じ。
「浄蔵―を御祈の師にておはす」〈大鏡・良相〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐がく【定額】
一定の金額。決まった額。「毎月定額を返済する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐がく ヂャウ‥【定額】
〘名〙
② 制度上登録されている一定の員数。定員。
※続日本紀‐養老五年(721)六月乙酉「又除定額外、内外文武散位、六位以下及勲位」
※大鏡(12C前)二「浄蔵定額を御祈の師にておはす」
※広隆寺文書‐貞観一五年(873)広隆寺資財帳「五畿内七道諸国定額諸寺資財等帳」
[補注]「色葉字類抄」は前田本では「定額 チャウキャク」とあるが、黒川本ではさらに「ヂャウガク」のよみが加えられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐がく【定額】
〘名〙 一定の数量。特に金額についていう。定められた金額。じょうがく。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「唐船の数定りぬれば、定額の外に来れる船をば積戻しといひて、交易の事をゆるさず」
※東京日日新聞‐明治一四年(1881)一一月一四日「来十五年度諸官省の定額(テイガク)予算は来る十二月五日迄に取調べ」 〔五代史‐劉審交伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定額」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定額の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation