@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宝づくし文【たからづくしもん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

宝づくし文
たからづくしもん

如意宝珠(にょいほうじゅ)(これを得れば願いが思いのままにかなうという珠(たま))、打出(うちで)の小槌(こづち)(打てば自分の好むものがなんでも出るという小槌)、宝鑰(ほうやく)(宝蔵の鍵(かぎ))、金嚢(きんのう)(お金の入った袋)、隠れ蓑(みの)(着ると身を隠すことができるという蓑)、隠れ笠(かさ)(かぶれば身を隠すことができるという笠)、金函(きんかん)(黄金の箱)、丁字(ちょうじ)、花輪違(はなわたがえ)などを寄せて描いた模様。松竹梅や鶴亀(つるかめ)などと組み合わせて使用することもある。元来、中国に起源をもつ模様で、その影響を受けてわが国では室町時代以後に賞用された。

村元雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝づくし文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宝づくし文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation