@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宝亀【ホウキ】

デジタル大辞泉

ほうき【宝亀】
奈良時光仁天皇の時の年号。770年10月1日~781年1月1日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

ほうき【宝亀】
日本の元号(年号)。奈良時代の770年から781年まで、光仁(こうにん)天皇の代の元号。前元号は神護景雲(じんごけいうん)。次元号は天応(てんおう)。770年(神護景雲4)10月1日改元。光仁天皇の即位に際して肥後国から白亀が献上され、これを瑞祥として改元が行われた(代始、祥瑞改元)。『爾雅(じが)』を出典とする命名。770年(神護景雲4)に崩御した称徳(しょうとく)天皇には後継者はなく、また天武(てんむ)天皇の嫡流も途絶えたため、天智(てんじ)天皇の孫にあたる白壁(しらかべ)王(光仁天皇)が藤原氏に擁立されて62歳で即位した(歴代最高齢での即位)。772年(宝亀3)に天皇を呪詛したかどで皇后・皇太子が廃されるという事件が起き、光仁は山部(やまべ)親王(後の桓武(かんむ)天皇)を皇太子とした。780年(宝亀11)、陸奥国で伊治呰麻呂(いじのあざまろ)の乱(宝亀の乱)と呼ばれる蝦夷(えみし)の反乱が起こった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうき【宝亀】
奈良時代、光仁天皇の代の年号。肥後国から白亀が献上されたことにより、神護景雲四年(七七〇)一〇月一日に改元。宝亀一二年(七八一)一月一日、次の天応(てんおう)となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝亀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宝亀の関連情報

関連キーワード

称徳天皇平王由義宮称徳天皇孝謙天皇藤原良継孝謙天皇光仁天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation