@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宝井其角【たからい きかく】

美術人名辞典

宝井其角
江戸前・中期の俳人江戸の医師竹下東順の子。榎本、のち宝井、幼名は八十八、のち源助、号は螺舎・螺子等。書を佐々木玄龍、画を英一蝶儒学服部寛斎に学ぶ。のち芭蕉入門市井の人々の生活を華やかに唱い洒落風俳諧を成立させる。蕉門十哲の一人。宝永4年(1707)歿、47才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

たからい‐きかく〔たからゐ‐〕【宝井其角】
[1661~1707]江戸前期の俳人。蕉門十哲の一人。江戸の人。初め、母方の姓榎本を名のった。別号、宝晋斎・晋子など。「虚栗(みなしぐり)」「枯尾華」を編集し、蕉風発展尽力。芭蕉後は洒落ふう傾き江戸座を興した。句集「五元集」、句文集「類柑子」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たからいきかく【宝井其角】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宝井其角
たからいきかく
[生]寛文1(1661).7.17. 江戸
[没]宝永4(1707).2.29/30. 江戸
江戸時代中期の俳人。初め榎下 (えのもと) 氏,のち宝井氏。名,侃憲 (かんけん) 。通称,八十八,平助,源蔵,源助。別号,螺舎,狂雷堂,狂而堂,六蔵庵,宝晋斎,螺子,晋子,渉川,善哉庵。父は医師竹下東順。医を草刈三越,儒を服部寛斎,禅を大巓 (だいてん) 和尚に学んだ。俳諧は松尾芭蕉門最初期の門人で蕉門十哲の筆頭。江戸に生れ育ったため,豪放闊達な都会風な作風で,いわゆる洒落風の。蕉門初期の『桃青門弟独吟二十歌仙』 (1680) や『次韻』 (81) に参加,『田舎句合』 (80) ,『虚栗 (みなしぐり) 』 (83) を編み,『猿蓑』の序文も書いている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宝井其角 たからい-きかく

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宝井其角
たからいきかく

其角

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たからい‐きかく【宝井其角】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

宝井其角
たからいきかく

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝井其角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宝井其角の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation