@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宝物【タカラモノ】

デジタル大辞泉

たから‐もの【宝物】
宝として珍重する物品財宝。ほうもつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐もつ【宝物】
たからもの。とされる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たから‐もの【宝物】
〘名〙 宝とされる物。たから。ほうもつ。
※書紀(720)白雉五年七月(北野本南北朝期訓)「西海の使等が唐国の天子に奉対(まうむかひ)て多に、文書(ふみ)宝物(タカラモノ)得たるを褒美て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐ぶつ【宝物】
〘名〙 =ほうもつ(宝物)色葉字類抄(1177‐81)〕
※義経記(室町中か)五「太刀は聞ゆるほうぶつなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐もつ【宝物】
〘名〙 たからとして珍重するもの。たからもの。ほうぶつ。
※古事談(1212‐15頃)一「鳥羽法皇登山御幸之時、前唐院宝物御覧之時」
※日葡辞書(1603‐04)「Fômot(ホウモツ)〈訳〉偶像の寺院の財宝」 〔魏志‐甄皇后伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宝物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation