@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宝生蓮阿弥【ほうしょう れんあみ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宝生蓮阿弥 ほうしょう-れんあみ
?-1468 室町時代の能役者。
世阿弥(ぜあみ)の(一説音阿弥(おんあみ)の弟)といわれ,大和猿楽四座のうちの宝生座(外山(とび)座)をひきいて宝生流初代とされる。世阿弥とおなじく将軍足利義満(よしみつ)につかえ,手あつい保護をうけて能楽シテ方の一流となる。応仁(おうにん)2年8月8日死去。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宝生蓮阿弥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宝生蓮阿弥の関連情報

関連キーワード

骨皮道賢インドの産業大動脈構想今治タオルグーテンベルク中村ハーレフ城ひとり言ビュデ茂林寺子抱富士

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation