@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実体振り子【じったいふりこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

実体振り子
じったいふりこ
physical pendulum
振り子,剛体振り子,物理振り子ともいう。重力の作用のもとで,水平な固定軸のまわりを自由に回転できるようにした剛体。振り子の重心をG,回転軸をO,振り子の質量を M ,回転軸に関する慣性モーメントを I ,OGを h とすれば,実体振り子は糸の長さ lI/Mh単振り子と同じ運動をし,振幅が小さい振動の周期 T となる。直線 OGの延長上で OP=l の点Pを振動の中心という。実体振り子は点Pにおもりをつけた糸の長さ l の単振り子と等価であり,これを等価単振り子といい,その長さは l である。逆に,実体振り子を点Pを通る水平軸で支えて振れば,点Gが振動の中心となり,同じ等価単振り子をもつので,もとの振り子とまったく同じ運動をする。また,点Oに結んだ糸でこの物体を吊下げ,点Pに水平方向の衝撃力を加えると,物体は点Oを中心として回転する。このとき点Oを打撃の中心 (衝撃の中心,または撃心) という。逆に点Pで吊下げて点Oに衝撃力を加えれば,点Pが衝撃の中心となる。衝撃の中心にはこの瞬間にまったく力が働かない。たとえば野球でバットを振る点が打撃の中心となるような位置にボールを当てれば,手はまったくしびれを感じない。実体振り子の応用例には,ケーターの可逆振り子弾動振り子倒立振り子などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

実体振り子
じったいふりこ
剛体に軸を貫き通し、この軸を水平な軸受で支えて振り子としたもの、または剛体に懸垂用のナイフ・エッジを取り付け、ナイフ・エッジの先端を水平な台の上に据えて振り子にしたものをいう。実体振子(しんし)、物理振り子、複振り子あるいは剛体振子とよぶ。剛体の回転軸の周りの慣性モーメントをI、質量をM、重心から回転軸までの距離OGをhとすると、実体振り子の振動の周期Tは、

となる。ここにll=I/(Mh)で、は重力の加速度である。実体振り子の周期Tは、糸の長さlの単振り子の周期と同じ値をもつ。lは相当単振り子の長さとよばれる。
 重心を貫き実体振り子の回転軸に平行な軸の周りの慣性モーメントをI0=Mk02とする(k0は回転半径とよばれる)と、回転軸の周りの慣性モーメントIは、
  I=I0+Mh2=M(k02+h2)
相当単振り子の長さlの値は、
  l=h+(k02/h)[=T2/(4π2)]
となる。重心と回転軸との距離hは、二次方程式h2-lh+k02=0を満足する。したがって、同一の周期Tを与えるhには、この方程式の二つの根h1h2とがある。
 二次方程式における根と係数との関係h1+h2=lと前述のlTの間の関係を用いて、重力の加速度gを測定する装置にケーターKaterの可逆振子がある。[飼沼芳郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実体振り子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実体振り子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation