@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実像【じつぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

実像
じつぞう
real image
レンズや反射鏡によってできるのうち,実際に光線が集ってできる像を実像,そうでないものを虚像という。凸レンズ凹面鏡を使って物体の像をつくるとき,物体が焦点距離外側にあれば実像ができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じつ‐ぞう〔‐ザウ〕【実像】
反射屈折した光が、実際に交わって作る像。凸レンズ凹面鏡では焦点より外側に物体を置いたときに生じる。⇔虚像
人や物事の、表面的な名声・評判・うわさなどから知ることのできない本当の姿。「都会の虚像と実像」⇔虚像

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じつぞう【実像】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じつぞう【実像】
反射・屈折した光線が実際にその各点で交わることによってできる像。
地位・肩書きや風評などを離れた、その人や物の本来の姿。 現代経営者の-
▽⇔ 虚像

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

実像
じつぞう
光学系によって反射または屈折された光が実際に交わって生じている像。虚像に対する語。実像の位置にフィルムまたは磨(すり)ガラスを置くと、実際に光が集まって像を生じていることを確かめることができる。レンズまたは凹面鏡の前側(ぜんそく)焦点よりも前方に物体を置くと実像を生ずる。写真レンズやプロジェクターは実像を利用している。[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じつ‐ぞう ‥ザウ【実像】
〘名〙
① 光がレンズや鏡などで屈折、反射したのち、収束して作り上げる像。凸レンズや凹(おう)面鏡の焦点より外側に物体を置いた場合に生ずる。⇔虚像。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕
② 比喩的に、外見を剥ぎ取った真実の姿をいう。⇔虚像

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation