@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実否【ジッピ】

デジタル大辞泉

じっ‐ぴ【実否】
事実であるか事実でないか。本当かうそか。じっぷ。
「姉は均平に―を糺(ただ)そうともしず」〈秋声縮図

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じっ‐ぷ【実否】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じっ‐ぴ【実否】
〘名〙 真実であることとそうでないこと。また、まことかうそかということ。じっぷ。
※別れ霜(1892)〈樋口一葉〉五「実否(ジッピ)くはしく聞きたしと思へど」
[語誌]→「じっぷ(実否)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じっ‐ぷ【実否】
〘名〙 (「ふ」は「否」の呉音)
① 真実であることと虚偽であること。真実か虚偽か。まことかうそか。じっぴ。
※将門記(940頃か)「機急在るに依り、実否を見むが為、只百余騎を率い」
※天草本平家(1592)一「カタナノ jippu(ジップ)ニ ヨッテ トガノ ゴサタヲモ ナサリョウズル」
② 勝つか負けるか。また、その決着をつけること。
※甲陽軍鑑(17C初)品五〇「手ごとにて鑓を合、勝負をして実否(ジッフ)をつけたるを、本の合戦と申也」
[語誌]中世には「じっぷ」と読まれ、他の時代にもそう読まれた可能性が強いが、「否」が半濁音で読まれたことについては、上字「実」の「つ」が促音化するほど、語構成の上で緊密であったかどうか疑わしいので、「じつふ」の読みの可能性も否定しきれないとの見解がある。なお、近代では「じっぴ」と読まれることが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実否」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実否の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation