@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実地【ジッチ】

デジタル大辞泉

じっ‐ち【実地】
物事が行われたり、行う予定になっていたりする場所。現場。「実地調査」
理論や説明だけでなく、実際にそのことを行うこと。また、そういう場面。「考えを実地に移す」「実地訓練」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じっち【実地】
事件などの実際に起こった場所。現場。 -検証
知識や理論に対して、実際の場。また、実際の場で行うこと。 理窟上では至極尤もだけれど-には行へない/谷間の姫百合 謙澄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じっ‐ち【実地】
〘名〙
① (「じつぢ」とも) 物事が実際に存在したり行なわれたりしている場所。〔運歩色葉(1548)〕
※俳諧・芭蕉葉ぶね(1817)「われ生得実地にこりやすき僻ありて、その凝るときは、羽黒の山を脊負出て海を見せたく思ひ」
② 考えを確かめたり、応用したり、また、身をもって経験したりする実際の場。また、実際の場で物事を行なうこと。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二五「志を立て一学を成すも之を実地に行ふの道を知らずんば学も終(つい)に益なからん」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉緒方の学風「器械の事にせよ化学の事にせよ大体の道理は知て居るから、如何かして実地(ジッチ)を試みたいものだと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation