@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実子【ジッシ】

デジタル大辞泉

じっ‐し【実子】
血を分けた自分の子。自然の血縁のある子。産みの子。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じっし【実子】
親と自然の血縁関係で結ばれた子をいう。これに対し,実子に擬制し,人為的に形成された子が養子である。実子は,その父母が法律上の婚姻関係にあるかかによって,嫡出子と〈嫡出でない子〉に分けられる。一般に,親子間では実子が基本として構成されたのは,血縁に対する信仰があり,血縁至上主義が貫かれたからである。しかし今日の医学発達により,血縁そのもののもつ意味が大きく変わり,実子とはなにかが新たに問われようとしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じっし【実子】
(養子・義子・継子に対して)自分の本当の子。血縁関係がある子。血を分けた子。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じっ‐し【実子】
〘名〙 義子、継子、養子に対して、血をわけた本当の子。うみの子。嫡出子のほか、庶子、私生子を含む。実児。直子(じきし)
※古今著聞集(1254)五「実子なりとも、此道にたへざらんものにはつたふべからず」
※曾我物語(南北朝頃)一〇「曾我の太郎も幼き時より取り育て、わりなき事なれば、じっしにも劣らず、心様また賢(さか)しかりしかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation