@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実存主義演劇【じつぞんしゅぎえんげき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

実存主義演劇
じつぞんしゅぎえんげき
théâtre existentialiste
実存主義哲学の理念に基づいた,あるいはその影響を受けた演劇。第2次世界大戦末期から戦後にかけて,フランスを中心として盛んになった。登場人物の性格や心理に劇的契機を求めず,神をも含め確固とした価値観が否定された絶望的な状況のなかで,自由意志によってみずからの価値観を選択する主体的な存在としての人間の姿を表現する。サルトル戯曲』 (1943) ,『出口なし』 (44) ,『汚れた手』 (48) ,『悪魔と神』 (51) やカミュの『カリギュラ』 (45) などが代表的なもので,広義にはアヌイやマルセルらの作品も含まれる。人間のおかれている状況認識という点では,1950年代に登場する不条理演劇ときわめて近いが,実存主義演劇ではそれが伝統的な劇構造のなかで表現されたのに対し,不条理演劇は劇構造そのものを崩そうとした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実存主義演劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実存主義演劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation