@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実悪【ジツアク】

デジタル大辞泉

じつ‐あく【実悪】
歌舞伎役柄の一。謀反人・大盗賊など、終始一貫して悪に徹する敵役(かたきやく)。「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の仁木弾正(にっきだんじょう)など。立敵(たてがたき)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じつあく【実悪】
歌舞伎の役柄の一つ。敵役の中で〈公家悪〉が皇位をねらう空想的なスケールをもっているのに対して,現実的な悪人の役。敵役の中でも最も重い役で,容貌魁偉,傲岸不遜,冷血かつ残酷で,悪のともいうべき美学をもつ役である。《先代萩》の仁木弾正(につきだんじよう),《躄仇討(いざりのあだうち)》の滝口上野(こうずけ),《馬盥(ばだらい)の光秀》の武智光秀は,その代表的な例。口伝に〈いつも何か思案している風に演じよ〉という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じつあく【実悪】
歌舞伎の役柄の一。謀反人、残忍な盗賊など、悪人中の悪人の役。「先代萩」の仁木弾正など。立敵たてがたき。実敵じつがたき

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じつ‐あく【実悪】
〘名〙 歌舞伎の役柄の一つ。敵役のうち、残忍で意志強く、後悔や変心することなく、終始一貫悪の気持に徹底する役柄。また、それを演じる役者をいう。「伽羅先代萩」の仁木弾正、「絵本太功記」の武智光秀などの類。
※評判記・野郎にぎりこぶし(1696)三「今少身のとりまはしにりかうあらば、じつ悪のつめひらき和合してにくらしき風俗」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実悪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実悪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation