@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実業之日本【じつぎょうのにほん】

大辞林 第三版

じつぎょうのにほん【実業之日本】
経済雑誌。1897年(明治30)創刊。大日本実業学会刊、のち実業之日本社発行。実業界の成功譚を載せて好評を得る。1965年(昭和40)から「実業の日本」と改題。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じつぎょうのにほん【実業之日本】
1897年,読売新聞記者であった増田義一(1869‐1949)と光岡威一郎(1869‐1900)が設立した大日本実業学会から〈実業の発達振興〉をめざして創刊された月刊雑誌。編集兼発行人光岡威一郎。四六倍判,本文50ページ。定価10銭。資本主義形成期の時代背景もあって好評を博した。1900年,増田義一が雑誌発行に関するいっさいの権利を光岡から譲り受け,あらたに実業之日本社(現在の所在地,東京都中央区銀座)を設立して雑誌の発行を継続した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

実業之日本
じつぎょうのにほん
1897年(明治30)6月に創刊された経済雑誌。発行所は大日本実業学会、発行人は光岡威一郎(いいちろう)。本誌によって、英語のbusinessにあたる「実業」ということばが普及したといわれる。光岡は病に倒れ、学友増田義一(ぎいち)に雑誌の編集・発行権を譲渡し、増田は実業之日本社を設立、雑誌の刊行を引き継いだ。その後増田は成功者の苦心談、成功の秘訣(ひけつ)などの記事を掲載し、好評を博して編集方針を確立した。実業界の青年に俸給生活の安易につくことを戒め、自ら独自の進路を発見し、進んで艱難(かんなん)を冒すことを説いた。当初は月刊、1899年から月2回となったが、1945年(昭和20)月刊に復し、48年ふたたび月2回刊となる。64年『実業の日本』と誌名を改めたが、2002年(平成14)に休刊となった。実業之日本社は他部門にも進出し、1909年(明治42)には新渡戸稲造(にとべいなぞう)を顧問に迎えた。第二次世界大戦後はより総合的な出版社になった。[京谷秀夫]
『実業之日本社編・刊『実業之日本社七十年』(1967)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実業之日本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実業之日本の関連情報

関連キーワード

国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学ストリンドベリマラルメ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation