@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実権派【じっけんは】

旺文社世界史事典 三訂版

実権派
じっけんは
文化大革命の際に批判の対象となった,「資本主義の道を歩む実権派」の略称で,走資派ともいう
1965年に毛沢東が初めて用いた用語で,大躍進政策の失敗で国家主席を辞任した毛に代わって実権を握っていた劉少奇 (りゆうしようき) らを修正主義的官僚として批判した言葉。文化大革命が進展する中で,実権派とされた多くの官僚や市民迫害を受け,社会的地位を失っていった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実権派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実権派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation