@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実質ベース【じっしつべーす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

実質ベース
じっしつべーす

経済社会における財貨やサービスの生産、売買、消費などの大きさを測定する場合、それらは一般に金額で表示されるが、その際に、価格の変動分を除去し、一定時(これを基準時という)の価格に評価を固定して表す計測方式のこと。貨幣額で表示される値は、数量と価格の合成値であるため、その時間的変動は、数量変動と価格変動の両者を含む。したがって、経済活動の実質的な動きを知るためには、貨幣額表示の値を修正して、価格変動の影響を含まない数量ベースの値に直すことが必要となる。このように修正された値を、未修正の貨幣額そのものの値である名目ベースの値に対して、実質ベースの値、あるいは実質値とよぶ。

[高島 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実質ベース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実質ベースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation