@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実隆公記【さねたかこうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

実隆公記
さねたかこうき
室町時代の日記。三条西実隆著。 60巻余。文明6 (1474) 年 20歳から前年天文5 (1536) 年 82歳まで 62年間にわたる。漢文体室町時代後期の最高の公家文学者であった実隆が,朝廷儀式をはじめ,学問,文芸,社会の各方面にわたって詳細に記した日記で,当時の文化,文学や社会生活を知る貴重な資料。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さねたかこうき【実隆公記】
三条西実隆の日記。文明6年(1474)から天文5年(1536)に至る自筆本現存応仁の乱後の幕府・朝廷の動向、公家の私生活などを知ることができる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さねたかこうき【実隆公記】
室町時代の公家三条西実隆の日記。1474‐1536年(文明6‐天文5)の62年間の記載がある。当該時期は応仁・文明の乱以降のいわゆる戦国時代の真っただ中にあり,また記述内容も詳細にわたっているので,この時期における政治,社会,文化を知るうえで質・量ともに貴重な資料ということができる。また自筆本の料紙として多量の手紙等の裏を再利用しているので,紙背文書も資料としての価値が高い。内容は,公家の日常生活から所領支配の実態朝儀から社会情勢までと多岐にわたる記載があり,収入を確保するための戦国大名とのやりとりなど興味深い記事が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さねたかこうき【実隆公記】
室町後期の公家、三条西実隆の日記。1474年から1536年までの朝廷や公武の動静、荘園の様相や文化状況などをしるす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

実隆公記
さねたかこうき
内大臣三条西(さんじょうにし)実隆の日記。1474年(文明6)より1536年(天文5)に至るまで、途中一部欠失はあるものの自筆の原本が残っている。三条西家は正親町(おおぎまち)三条家の庶流で、公家(くげ)としては中の上といったランクであったが、実隆は学識豊かで和漢の学に通じ、歌人、能書家としても知られていた。天皇や将軍の信任が厚く、当時勢力を伸長してきた地方武士らとも交流があった。日記は応仁(おうにん)の乱(1467~77)後の政治・社会情勢、三条西家の経済状態を知りうる記事が多く、貴重な史料であるが、さらに多くの人々からきた手紙の裏を利用して記されているため、公家・武家をはじめ連歌師ら芸能人など、彼の交友範囲にある300余人の手紙を伝えている点でも貴重である。自筆本は東京大学史料編纂(へんさん)所に架蔵されており、それを基にした活字本が続群書類従完成会から刊行されている。[桑山浩然]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さねたかこうき【実隆公記】
室町時代後期の公卿、三条西実隆の日記。記事は文明六年(一四七四)正月から天文五年(一五三六)二月にわたる。博学を以て知られ、公家にも武家にも重んぜられた実隆の日記で、朝廷や幕府を中心とする政治史の好史料であるとともに、当時の文化のありようを知る上でも重要。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

実隆公記
さねたかこうき
室町後期,三条西実隆の日記
1474〜1536年まで,63年間書きつづけられた。内容は戦国争乱期の政治・社会・文化など各方面にわたり,室町時代後半の最も貴重な史料。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実隆公記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実隆公記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation