@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

実験室系【じっけんしつけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

実験室系
じっけんしつけい
laboratory system
2つの粒子衝突散乱を記述するとき,標的になる粒子が最初は止っているようにとった座標系実験では普通は標的粒子 (実際は金属膜など) を固定して,これに他の粒子を当てるので,この名がある。実験結果は普通は実験室系で表わされるので,重心系でなされた計算の結果はこの系に換算して実験値と比較される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じっけんしつ‐けい【実験室系】
二つの粒子が衝突や散乱をする場合に、標的となる粒子が最初に原点に静止するようにとった座標系。→重心系

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実験室系」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実験室系の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation