@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

客観【きゃっかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

客観
きゃっかん
object
主観に対するもの。客体ともいう。ラテン語 objectumに由来するが,中世スコラ哲学では,その味は今日とは逆で,意識内容,表象の意であった。この傾向は 17世紀まで続き,デカルトにおいても realitas objectivaは観念的実在の意であり,realitas actualis (現実的実在) または realitas formalis (形相的実在) と区別された。スピノザにおいても同様で,esse objectivumは観念的存在の意であり,esse formaleと区別された。このスコラ的用語法が逆転し,主観の意識の向けられる対象の意味でこの言葉が用いられるようになったのは,イギリス経験論,ことにロックにおいてであり,そしてカントにおいて初めて主観との対立概念として客観という言葉が明確に規定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゃっ‐かん〔キヤククワン〕【客観】
[名](スル)
観察・認識などの精神活動の対象となるもの。かっかん。⇔主観
主観から独立して存在する外界の事物。客体。かっかん。⇔主観
当事者ではなく、第三者の立場から観察し、考えること。また、その考え。かっかん。
「つくづく自分自身を―しなければならなくなる」〈梶井・瀬山の話〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かっ‐かん〔カククワン〕【客観】
[名](スル)きゃっかん(客観)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゃっかん【客観】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくかん【客観】
きゃっかん客観

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かっかん【客観】
スル
きゃっかん(客観)に同じ。 自己を-してゐるのかも知れない/青年 鷗外

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゃっかん【客観】
主観の認識・行為の対象となるもの。主観に現れるもの。世界。かっかん。
特定の認識作用や関心を超えた一般的ないし普遍的なもの。主観から独立して存在するもの。客体。かっかん。
▽⇔ 主観 漢籍では立派な容貌、外観の意。哲学字彙(1881年)に英語 object の訳語として載る。明治期にはかっかんと読むのが一般的

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

客観
きゃっかん
object
主観の対(つい)概念。「主観―客観」関係は近世哲学の根本的枠組みである。この関係をどうとらえるかによって、客観は異なった意味をもつ。
(1)主観subjectum(ラテン語)が根底に横たわる現実的実在であるのに対し、客観objectumラテンは「前に投げられたもの」として、意識の表象像、意識内容を意味する。たとえばデカルトの「客観的実在性」は意識のうちにある限りでの実在性を意味している。
(2)認識する主観の対象であるが、その存在が個人的主観に依存しないものをいう。しかしあらゆる主観に普遍的に妥当するという意味で、主観との相関関係のうちにある。たとえばフッサールにおいて客観は間(かん)主観的に構成される。
(3)その存在があらゆる主観から端的に独立である実在をいう。客観こそが実在であり、客観の存在が主観における普遍妥当性を可能にする。主観が客観に依存するのである。この「主観―客観」関係は(1)と逆の関係である。[細川亮一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かっ‐かん カククヮン【客観】
〘名〙 (「かく」は「客」の漢音。object の訳語)
※心理学(1878)〈西周訳〉凡例「致知家の術語観念実在主観客観帰納演繹総合分解等の若きに至りては大率新造に係はるを以て読者或は其意義を得るを難んする者あらん」
② (━する) =きゃっかん(客観)
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉梓神子「足下の客観(カククヮン)にて当今の傾きは主観なり」
[語誌]明治初期の新造語で、現在では「きゃっかん」と読む人が多いが、明治二九年(一八九六)の「日本大辞典」や同四〇年の「辞林」に「かくくゎん」の見出しで説明されているから、明治期は多く「かっかん」と言われていたと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゃっ‐かん キャククヮン【客観】
〘名〙 (object の訳語)
① 意志や認識などの精神作用が目標として向かう対象。また、主観と独立して存在する外界の対象。対象。客体。⇔主観。→かっかん(客観)
② (━する) 自分の直接的な関心から離れて、第三者の立場で、物事を見たり考えたりすること。⇔主観
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉政教文芸の起源は悉く猥褻なり「猥褻とは人道の大本を客観(キャククヮン)したる事にして」
[語誌]中国の古典籍では「立派な容貌」「外観」の意味で用いられたが、日本では明治初期に、英語 object の訳語となり一般化した。今日は「きゃっかん」の読み方が普通であるが、明治時代は「かっかん」が一般的。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく‐かん ‥クヮン【客観】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

客観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

客観の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation