@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宣旨【せんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宣旨
せんじ
勅令を伝えるために弁官および外記局などから発布される文書。平安時代初期,蔵人所の設置後発達した文書式。勅命は内侍から蔵人職事,さらに太政官上卿 (しょうけい) に伝えられ,上は内容によって弁官および外記局に命じて文書を作成させ宣下した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐じ【宣旨】
奈良・平安時代、天皇意向を下達すること。また、朝廷命令を下に伝えること。
平安時代以降、天皇の命を伝える文書。勅旨蔵人(くろうど)上卿(しょうけい)に伝え、上卿は外記(げき)または弁官に伝え、弁官はに伝えて文書を作る。
宮中の上﨟(じょうろう)女官。また、院宮摂関家の上﨟の女官の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんじ【宣旨】
文書様式の一つ。元来は律令官制で上司配下口頭で命を下すことを〈宣〉といい,宣の内容を宣旨といった。また,宣をうけた配下が宣旨を備忘のために紙上に書き留めたものを宣旨書といった。宣旨書の様式は,次のようである。 (1)(上司名)宣 (2)……者  年月日  (3)(配下名)奉(1)は宣を発した上司の官位氏姓名,(2)はその宣の内容(〈者〉はテエリと読み,〈といへり〉の),(3)は宣をうけた配下の官位氏姓名等を書く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんじ【宣旨】
平安時代以降、天皇の命を伝える文書。詔勅に比して内輪のもの。内侍ないしが勅旨を蔵人くろうどに伝え、蔵人が上卿しようけいに伝え、上卿が外記げきまたは弁官に伝え、そこで文書にした。
天皇の言葉を蔵人に伝える女官。また、広く女官のことをもいう。 故院にさぶらひし-のむすめ/源氏 澪標

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宣旨
せんじ
平安時代以降、天皇の命令を下達するとき出された文書。公式令(くしきりょう)の規定では、天皇の命令は詔書、勅書で下されたが、平安時代には手続の簡単な宣旨が多く用いられた。手続は、勅命が女官から蔵人(くろうど)、上卿(しょうけい)(担当の公卿(くぎょう))へと伝達され、上卿は内容に応じて担当の官庁に命じ宣旨を作成、発行させた。中央官庁内の任官、勤務などは多く太政官(だいじょうかん)の外記(げき)局が、一般庶務は多く弁官(べんかん)局が担当した。外記局関係の宣旨には外記の奉書、弁官局の宣旨(官宣旨という)には弁官の下文(くだしぶみ)と弁官局の書記である史(し)の奉書とがあった。以上のほか、勅命である旨の記載がない上卿の宣旨や弁官・蔵人の宣旨もある。弁官下文はこの後盛んとなる下文の始めである。[百瀬今朝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せ‐じ【宣旨】
〘名〙 (「せんじ」の撥音「ん」の無表記) =せんじ(宣旨)
※宇津保(970‐999頃)楼上下「そのせじをはじめて嵯峨の院も奏し下す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐じ【宣旨】
〘名〙
① 奈良時代から平安時代にかけて、勅旨を宣し下達すること。また、広く政府の命令を下達すること。また、その命令。宣。宣旨書。
※令義解(718)職員「卿一人。〈掌侍従。献替。賛相礼儀。審署詔勑文案。受事覆奏。宣旨。〈謂。侍従之宣命也〉〈略〉僧尼名籍事〉」
② 平安時代に、漸次その文書様式が整えられてきた命令を下達する公文書。元来は、口頭による命令を受ける側が記録のために作成する部内文書であった。勅旨を下達する「奉勅の宣旨」と、上卿(しょうけい)の宣を下達する「上宣(じょうせん)」の区別がある。「奉勅の宣旨」は勅旨を蔵人が上卿に伝え、上卿はこれを内容によって外記または弁官に伝え、弁官は史に伝えて文書を作製する。
※貞信公記‐延喜一九年(919)一一月二七日「明年維摩講師宣旨、仰久永
③ 「口宣案(くぜんあん)」のこと。蔵人から上卿に勅旨を伝える文書。
※侍中群要(1071か)二「下宣旨之時、陣座上卿不候者、詣里第下奉」
④ 宮中の上臈(じょうろう)の女官の呼称。また、院宮、摂関家などに仕える上臈の女房の呼称ともなる。内侍の尚侍・典侍が勅旨を伝宣して内侍宣を出したところからおこった呼称か。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「大宮のせんじ・おもと人・内侍・命婦・くら人のまへに、ついかまねして給ふ」
[語誌]「宿紙(しゅくし)」と呼ばれる檀紙に定められた書式に従って書かれる。上卿の宣を弁・史が受けて下達する形式の「官宣旨」が普通である。伝達の段階で口頭で伝えられる内容を書き留めたものが「口宣」「宣旨書」とよばれるものであり、これに基づいて宣旨が清書され、あるいは記録に残された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

宣旨
せんじ
上卿(公卿)の命令である宣を弁官あるいは外記が奉じて書きとめた文書形式
太政官の命令を伝える文書の一形式で,奈良時代には多様な形で用いられたが,平安初期に文書様式が定まった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宣旨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宣旨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation