@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

室町【ムロマチ】

デジタル大辞泉

むろまち【室町】
京都市を南北に走る室町通り沿道の地区。繊維問屋街。中世今出川通り室町幕府が置かれた。
東京都中央区北西部、日本橋室町の地域。商業地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

むろまち【室町】
京都市の市街を南北に走る室町通りの周辺の地域名。中世、室町通りの東、今出川通りの北に室町幕府が置かれた。
東京都中央区北西部の地名。商業地域・問屋街。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

室町
むろまち
東京都中央区北西部の地区で、正しくは日本橋室町。「江戸寛永(かんえい)図」に「むろ町」の記載がある。土蔵(室)が建ち並んでいた土地、または京都室町の名を移したものといわれる。徳川家康入府後、埋立地として造成し、日本橋を架け、城下の商業地域としたため、水陸交通の至便と相まって発展した。現在は都心の一部を形成し、三越本店をはじめ大企業が集中しているが、海産物問屋など連綿と続く老舗(しにせ)もある。[菊池万雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むろまち【室町】
[一] 京都市の市街地を南北に走る室町通の沿道の地区名。平安京の東洞院大路と西洞院大路との間の室町小路にあたる。中世、今出川通北の地に室町幕府(花の御所)が置かれた。西陣機業の発展に伴って発達した繊維問屋街である。
[二] 東京都中央区日本橋の地名。日本橋から神田方面に通じる大通りの両側にある。江戸時代は問屋街で、三丁目の東側に浮世小路があった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

室町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

室町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation