@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宮内庁書陵部【くないちょうしょりょうぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮内庁書陵部
くないちょうしょりょうぶ
1884年奈良時代以来の図書寮 (ずしょりょう) を復活して宮内省の一部門となったが,第2次世界大戦後諸陵寮と合併して書陵部となった。皇室蔵書を引継ぎ,皇室の系譜実録を保管し,歴代の御手許本をはじめ,桂宮家その他の宮家と堂上公家の文庫紅葉山文庫,海外諸国からの献上本などを収蔵する。平安から室町時代文献が多い。「書部和漢図書分類目録」4冊があり,専門研究者,大学院生は紹介者があれば閲覧を許可される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くないちょうしょりょうぶ【宮内庁書陵部】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

宮内庁書陵部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮内庁書陵部の関連情報

関連キーワード

清仏戦争自由民権スーラ秩父事件ブルックナーウィリアムズキンダークロイツァー洪英植ジョイナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation