@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宮内【みやうち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮内
みやうち
山形県南部,米沢盆地北部の南陽市の中心市街地。旧町名。吉野川の谷口に位置し,熊野神社門前町として発達中世には大津氏が居城。慶長年間 (1596~1615) からは,米沢に次ぐ中心町として発達した。明治初年,製糸工場が設けられてから,羽前特販糸と呼ばれる優良な生糸を生産。一時は置賜地方の約半分の生糸生産量があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮内
みやうち
新潟県中部,信濃川右岸にある長岡市南部の地区。旧町名。 1954年長岡市に編入。 JR宮内駅があり,信越本線から上越線を分岐する。上越線の西側国道 17号線が並走し,自動車の販売・修理業,食品加工業が進出し,商工業地区を形成。左近堤は長岡市街を信濃川から守る生命線である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くない【宮内】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くない【宮内】
皇居のうち。宮中。
「宮内省」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐ない【宮内】
〘名〙
① 皇居のうち。きゅうちゅう。みやのうち。
※続日本紀‐延暦三年(784)六月丁卯「百姓私宅、入新京宮内五十七町」 〔徐陵‐玉台新詠序〕
② 「くないしょう(宮内省)」の。〔伊京集(室町)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

く‐ない【宮内】
皇居の中。宮中。みやのうち。
宮内省」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮内」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮内の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation