@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宮古湾【みやこわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮古湾
みやこわん
岩手県東部,三陸海岸にあり,重茂半島(おもえはんとう)の閉伊崎と北岸の臼木半島の館ヶ崎にいだかれた。湾口の幅 4km,奥行 10km,北東に開かれた細長い湾である。南部鼻曲がりサケ漁で知られる津軽石川閉伊川が注ぎ,西岸宮古市の市街地がある。宮古港は天然の良港として知られ,古くから三陸沖の漁業基地として繁栄。湾内ではホタテガイカキ養殖が行なわれる。重茂半島西岸は断層のため急崖をなし,対岸浄土ヶ浜とともに三陸復興国立公園の中心をなす。2011年,東北地方太平洋沖地震に伴う津波により大きな被害を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みやこわん【宮古湾】
岩手県東部,陸中海岸のほぼ中央部にある湾。重茂(おもえ)半島北端の閉伊(へい)崎南西2kmの追切と西岸の臼木山半島の館ヶ崎を結ぶ線より南の海域で,湾口の幅4km,奥行き10km。西岸の宮古市街地には閉伊川の河口が開け,湾奥部には津軽石川が注ぐ。東側の重茂半島西岸には,北東から南西に走る約12kmのみごとな直線状の断層線が走っている。1869年(明治2)3月25日早暁,榎本武揚率いる旧幕軍の軍艦が,宮古港に入港した官軍艦船〈甲鉄〉と一戦をまじえた〈宮古湾海戦〉の舞台となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮古湾
みやこわん

岩手県中東部、三陸海岸のほぼ中央にある、北に開いた湾口。重茂(おもえ)半島北端の閉伊(へい)崎と対岸の館(たて)ヶ崎を結ぶ線から南の海域で、湾口の幅約4キロメートル、南北約10キロメートル。西岸の中央に閉伊川が注ぎ、河口一帯は宮古港となっている。また南部の湾頭に津軽石川が注いでいる。湾口部の水深は約60メートル、中央部で約20メートル。湾内では定置網漁業のほか、ノリ、カキ、ワカメ、ホタテなどの養殖漁業が行われる。閉伊川右岸では港湾建設の埋立てが進み、海水浴場も藤ノ川を残すだけになった。

[金野靜一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮古湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮古湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation