@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宮嶋資夫【みやじますけお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮嶋資夫
みやじますけお
[生]1886.8.1. 東京
[没]1951.2.19. 東京
小説家。本名,信泰。小学校を卒業後,種々の職業を転々としながら文学に志し,アナーキズム接近,鉱山労働者の絶望的状況を凶暴で孤独な主人公に託して描いた『坑夫』 (1916) で労働文学の先駆となった。反逆思想の評論集『第四階級の文学』 (22) を経て『黄金地獄』 (24) ,『憎しみの後に』 (24) を刊行。しかしやがて思想的懐疑に陥り仏門に入った。自伝小説遍歴』 (53) は没後刊行。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宮嶋資夫 みやじま-すけお
1886-1951 大正-昭和時代前期の小説家。
明治19年8月1日生まれ。早くから職を転々とし,大杉栄らを知ってアナーキストとなる。大正4年「近代思想」発行人となり,5年第1作「坑夫」が発禁処分をうけた。昭和5年思想的悩みから出家。評論集に「第四階級の文学」,自伝に「遍歴」。昭和26年2月19日死去。64歳。東京出身。本名は信泰。法名は蓬州。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みやじますけお【宮嶋資夫】
1886‐1951(明治19‐昭和26)
小説家。東京生れ。本名信泰。小学校高等科に学んだ後いろいろな職業を転々としたが,1913年《近代思想》を通じて大杉栄,荒畑寒村らと交渉をもつようになり,みずからの労働体験をもとに大正労働文学の代表作《坑夫》(1916)を発表。その後大杉と隔たり楽的な生活に入ったりしたが,第1次大戦終了ころから文筆活動に入り,小説集《恨みなき殺人》(1920),《犬の死まで》(1922),自伝《裸像彫刻》(1922),評論集《第四階級の文学》(1922)などを刊行,アナーキズム運動にも従事した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮嶋資夫
みやじますけお
(1886―1951)

小説家。東京に生まれる。本名信泰(のぶやす)。小学校高等科に学んだのち、各種の職業を転々とした。やがて雑誌『近代思想』によって大杉栄(さかえ)を知り、アナキズム、サンジカリズム系の労働運動に近づいた。1916年(大正5)には大正期労働文学の先駆作品となった処女作『坑夫』を刊行、その後本格的文筆活動に入ったが、のちに思想的煩悶(はんもん)から仏門に入り、昭和26年京都にて没した。評論集『第四階級の文学』(1922)、自伝『遍歴』(1953)などのほか、仏教関係の著作も多い。

[大塚 博]

『『宮嶋資夫著作集』全七巻(1983・慶友社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮嶋資夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮嶋資夫の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎市川崑ナンバースクール木下恵介久松静児マキノ雅広岩石区ANZUS条約稲垣浩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation