@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宮川【みやがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮川
みやがわ
岐阜県部,宮流域にあり,富山県に接する地域。旧村名。 1956年坂上,坂下の2村が合体して発足。 2004年2月神岡町,河合村,古川町と合併して飛騨市となる。村域の大部分山地で,林業,高冷地野菜の栽培畜産,清流では養鱒も行なわれる。宮川沿いを JR高山本線,国道 360号線 (越中西街道) が併走する。村域の一部は奥飛騨数河流葉県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮川
みやがわ
三重県中部,大台町西部の旧村域。宮川上流域を占める。 1956年荻原村と領内村が合体し,宮川村を設置,1959年大杉谷村と,2006年大台町と合体。大部分が紀伊山地で,平地は少ない。主産業は林業で,製材のほかシイタケ栽培が行なわれる。全域奥伊勢宮川峡県立自然公園に属し,国の特別天然記念物のニホンカモシカ生息宮川ダムから上流大杉谷 (国の天然記念物) となり,吉野熊野国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮川
みやがわ
岐阜県北部,飛騨地方の中央部を北に流れる川。全長 76km。飛騨山地南部の分水界の位山付近に発し,北流して川上川,江名子川,大八賀川,小鳥川などの支流を合せ,岐阜・富山県境高原川と合流して神通川となり富山湾に注ぐ。高山盆地古川盆地など飛騨の主要平地を貫流し,下流の峡谷部では多くの発電所が開発されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮川
みやがわ
三重県中部を東流する川。奈良県との県をなす大台ヶ原山に発してほぼ東流,伊勢市北方で伊勢湾に注ぐ。全長 91km,流域面積 920km2は県下第1位。上流部は大杉谷 (天然保護区域) で,吉野熊野国立公園に,中流部は奥伊勢宮川峡県立自然公園に属する景勝地。宮川ダム,不動谷ダム,三瀬谷ダム (奥伊勢湖) の三つの県営ダムがある。流域は豊かな林業地帯で,三重県林業の中心をなす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みや‐がわ〔‐がは〕【宮川】
三重・奈良県境にある大台ヶ原山に源を発し、北東流して伊勢湾に注ぐ川。上流に大杉谷があり、下流域に伊勢神宮がある。長さ90.7キロ。
岐阜県、飛騨山地の川上岳(かおれだけ)に源を発し、高山市を経て北へ流れる川。富山県境で高原川と合流して神通川となる。長さ76キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みやがわ【宮川】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みやがわ【宮川】
岐阜県飛驒地方中央部を北流する神通川の支流。全長約76km。飛驒高地川上(かおれ)(1626m)北麓から発し,大八賀川,川上川,小八賀川,荒城(あらき)川,小鳥(おどり)川などの支流を合わせ,富山県との境で高原川と合流して神通川となる。途中に形成された高山盆地や古川盆地は,飛驒地方の人口集中地域となっている。古川盆地北端から高原川の合流点までの間は峡谷が多く交通不便であったが,1934年高山本線が開通して解消され,関西電力の坂上,打保(うつぼ),角川,下小鳥,蟹寺などの発電所が設けられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みやがわ【宮川】
三重県と奈良県の境,大台ヶ原山の最高峰日出ヶ岳(ひのでがたけ)(1695m)に発し,大内山川,一之瀬川,横輪川などを合わせて三重県中央部を北東流し,伊勢市大湊で伊勢湾に注ぐ川。長さ91km。度会(わたらい)川,度会大川,豊宮川とも呼ばれた。伊勢神宮の神領の境界をなし,神域に入るための禊(みそぎ)をする神聖な川とされ,歌枕でもあった。かつて参宮街道はこの川を船で渡り,大和・紀州方面からは柳の渡し(上の渡し),京や東国方面からは桜の渡し(下の渡し)を渡った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

みや‐がわ ‥がは【宮川】
[一] 三重県中南部を北東流する川。奈良県との境にある大台ケ原山に発し、杉の美林が茂る大杉谷を流れ、伊勢平野の南縁を限って伊勢湾に注ぐ。全長九一キロメートル。度会(わたらい)川。豊宮川。
[二] 「いすずがわ(五十鈴川)」の別称。
[三] 岐阜県中北部を北流する川。飛騨高地の川上岳(かおれだけ)に発し、高山市を経て、富山県境で高原川に合流し、神通川となる。全長七六キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みやがわ みやがは【宮川】
(「みやかわ」とも) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation