@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宮廷文学【きゅうていぶんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮廷文学
きゅうていぶんがく
宮廷を中心として行われた文学の総称。フランスとドイツには中世の封建諸侯の宮廷で栄えた宮廷風恋愛の物語や吟遊詩人による抒情詩があるが,イギリスではエリザベス朝,フランスではルイ 14世時代が宮廷文学の頂点をなしている。また,性格はそれぞれ違うが,中国では六朝から唐にかけて,日本では平安時代 (王朝) の文学をさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅうてい‐ぶんがく【宮廷文学】
宮廷を基盤に栄えた文学。日本では平安時代の文学をさし、ヨーロッパでは、中世封建諸侯の宮廷で好まれた、騎士道と女性崇拝を主題とした文学をさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうていぶんがく【宮廷文学】
宮廷で行われた文学を総称するが,この言葉が示す対象は各国の文学史によって異なる。またその時代も,当然のことながら一定しない。しかし,前近代社会にあっては,宮廷が文化の一つの中心となることは多く,宮廷に抱えられる職業詩人の存在はむしろ普遍的ともいえる。また,宮廷が独特の閉鎖的な人間関係の世界を作り出す場合も多く,そこで,言葉による表現が,極度の洗練に達することもあった。日本の場合,宮廷文学という概念は文学史の上では,かならずしも定着していないが,柿本人麻呂を宮廷の職業的詩人と見る考えもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうていぶんがく【宮廷文学】
宮廷を中心として発達した文学。宮廷生活を描き、また宮廷生活者がその担い手となった。日本では平安時代の源氏物語を代表とする女流文学、歌集・日記などをさす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮廷文学
きゅうていぶんがく
ヨーロッパ文学史上の用語で、la littrature courtoise(フランス語)、die hfische Literatur(ドイツ語)の訳語。主として12~13世紀ヨーロッパの、優雅な騎士的恋愛を主題にして書かれた叙情詩と物語文学をさしていわれる。騎士文学(騎士道物語)とその概念がほぼ似ているが、騎士文学のなかに含まれる叙事詩(「武勲詩」や『ニーベルンゲンの歌』など)は、宮廷文学のなかには普通含まれない。宮廷文学の対立概念としては町人文学があり、これは笑いを含んだ小話(「ファブリオー」や『狐(きつね)物語』など)や寓話(ぐうわ)を一括してさす用語である。
 宮廷叙情詩は、南フランスのオック語で書かれた吟遊詩人(トルーバドゥール)のそれがもっとも早く、11世紀の末から12世紀にかけて、ポアチエ伯ギヨーム7世、ブライユの城主ジョフレ・リュデル、ベルナール・ド・バンタドゥールらの詩人たちが輩出して、意中の貴女(きじょ)に寄せる、思慕の綿々たる感情を歌った。これが北フランスやドイツの諸地で模倣され、著名な詩人を生み出したが、北フランスのシャトラン・ド・クーシー、コノン・ド・ベチューヌ、シャンパーニュ伯チボー4世らのいわゆる「トルーベール」、ドイツでは、ハルトマン・フォン・アウエ、ハインリヒ・フォン・フェルデケ、ワルター・フォン・デァ・フォーゲルワイデらが有名であり、ドイツではこれらの詩人をミンネゼンガー(愛の詩人)とよんでいる。
 物語文学では、フランスのクレチアン・ド・トロアがもっとも有名で、6編の愛を主題とした物語を書いており、またイギリスのプランタジネット王朝の宮廷で短編歌物語を書いたマリ・ド・フランス、『トリスタンとイゾルデ物語』を書いたトマとベルールがおり、この世界的に有名な物語はドイツではアイルハルトとゴットフリートの2人の詩人によって書かれている。そのほか、ウォルフラム・フォン・エッシェンバハの『パルチバル』もヨーロッパ中世宮廷文学の最高作品の一つである。宮廷文学は13世紀前半に最盛期を迎え、のち急速に衰える。[佐藤輝夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうてい‐ぶんがく【宮廷文学】
〘名〙 宮廷生活、あるいは宮廷人を中心として書かれた文学。または、宮廷において発達した文学。日本では、中古の「枕草子」や「源氏物語」などの類。貴族文学。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮廷文学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮廷文学の関連情報

他サービスで検索

「宮廷文学」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation