@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宮本百合子【みやもとゆりこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮本百合子
みやもとゆりこ
[生]1899.2.13. 東京
[没]1951.1.21. 東京
小説家。本名,ユリ。旧姓,中条。 1916年東京女高師付属高等女学校卒業。『貧しき人々の群』 (1916) が坪内逍遙の推薦で発表されて好評を得,同年日本女子大学予科を中退して『禰宜様 (ねぎさま) 宮田』 (17) その他を書いた。 18年アメリカに留学,結婚したが,帰国5年後に離婚。その経緯を『伸子』にまとめたのち,湯浅芳子とともにソ連を訪れ (27~30) ,マルクス主義に感銘を受けた。帰国後日本共産党に入党 (31) ,翌年宮本顕治と結婚,相次ぐ弾圧に鍛えられ党の指導的存在に成長。第2次世界大戦後,中野重治らと新日本文学会を結成,民主主義文学運動の代表作家として『播州平野』 (46~47) ,『風知草』 (46) ,『道標』などを書いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みやもと‐ゆりこ【宮本百合子】
[1899~1951]小説家。東京の生まれ。本名、ユリ。旧姓、中条。18歳で「貧しき人々の群」を発表して注目され、のち、日本プロレタリア作家同盟に参加。再三検挙されながら抵抗の小説・評論を書き続け、第二次大戦後も民主主義文学運動に活躍。小説「伸子」「播州平野」「道標」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宮本百合子 みやもと-ゆりこ
1899-1951 大正-昭和時代の小説家。
明治32年2月13日生まれ。中条(ちゅうじょう)精一郎の長女。17歳で「貧しき人々の群」を発表。結婚,離婚をへて昭和2年ソ連に留学し,帰国後共産党にはいり,宮本顕治と再婚。弾圧下で執筆活動をつづけ,非転向をつらぬいた。戦後,新日本文学会の結成に参加。昭和26年1月21日死去。51歳。東京出身。日本女子大中退。本名はユリ。代表作に「伸子」「播州平野」「道標」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みやもとゆりこ【宮本百合子】
1899‐1951(明治32‐昭和26)
小説家。東京生れ。大正期の著名な建築家中条精一郎の娘。本名ユリ。日本女子大予科のとき《白樺》派風の人道主義的な中編《貧しき人々の群》(1916)を発表,天才少女として知られた。1918年からのアメリカ留学中,日本人で中年の古代イラン語学者と結婚,以来4年にわたる不幸な結婚生活を描いた長編《伸子》(1928)は近代日本文学の第一級の作品である。自由な人間の手ごたえを求めて,めげずに現実に立ち向かってゆき,それを切りぬけた場所でその全体験を自己に即してつぶさに描く,というのが特色で,それは戦後の《播州平野》(1947),《道標》(1950)等の主要作にも一貫している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みやもとゆりこ【宮本百合子】
1899~1951) 小説家。東京小石川生まれ。本名、ユリ。旧姓、中条。文芸評論家で共産党中央委員(のち議長)宮本顕治の妻。日本女子大中退。「貧しき人々の群」で文壇に登場。戦闘的プロレタリア作家、民主主義文学のリーダーとして活躍。小説「伸子」「播州平野」「道標」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮本百合子
みやもとゆりこ
(1899―1951)
小説家。旧姓中条、本名ユリ。明治32年2月13日、東京小石川に著名な建築家中条精一郎の長女として生まれ、お茶の水高女を経て1916年(大正5)日本女子大学英文科予科に入学した。この年『貧しき人々の群』を『中央公論』に発表、女子大を中退して創作活動に専心、『日は輝けり』『一つの芽生え』『地は饒(ゆたか)なり』などを相次いで発表し、天才少女の評判を得た。1918年、父に伴われて渡米し、留学生活を送り、翌年ニューヨークで年長の東洋古代語研究者荒木茂と、父母や周囲の反対を押し切って結婚した。1919年末帰国、父母の家を出て夫婦だけの生活を始めるが、1924年に離婚し、ロシア文学者湯浅芳子(ゆあさよしこ)と共同生活を始める。離婚直後から、この間の経緯を小説として書き進め、『改造』に連載し、1928年(昭和3)単行本『伸子(のぶこ)』を刊行した。1927年12月湯浅とともにソ連に赴き、ソ連各地およびヨーロッパ各地を旅行した。1930年12月に帰国後、日本プロレタリア作家同盟に加入した。
 1932年宮本顕治(けんじ)と結婚後まもなく、文化団体に対する弾圧のため検挙勾留され、顕治は地下活動に移った。以後、毎年長期間の検挙勾留を受ける生活が続き、1936年6月に治安維持法違反、懲役2年執行猶予4年の判決を受けた。この間に『冬を越す蕾(つぼみ)』(1934)などの評論や『小祝(こいわい)の一家』(1934)、『乳房』(1935)などを発表し、転向と後退が続く運動を支える役割を果たした。1937年末、執筆禁止となるが、1939年ごろから『明日への精神』(1940)、『文学の進路』(1941)などの評論、『杉垣(すぎがき)』(1939)、『三月の第四日曜』(1940)などの小説を精力的に書き続け、暗い時代の知的良心の灯(ともしび)となった。1941年12月に検挙投獄され、敗戦までまったく執筆の自由を失ったが、この間に獄中の夫に書き送った4000通に達する書簡は、戦時下知識人の精神の輝きを示している(のち『十二年の手紙』として刊行)。
 戦後は民主主義文化・文学運動の先頭にたち、『播州平野(ばんしゅうへいや)』(1946~1947)、『二つの庭』(1947)、『道標』(1947~1950)などの小説のほか、『歌声よおこれ』(1946)以下多数の評論を発表した。昭和26年1月21日没。[伊豆利彦]
『『宮本百合子全集』25巻・別巻2・補巻2(1979~1981・新日本出版社) ▽本多秋五著『戦時戦後の先行者たち』(1963・晶文社) ▽多喜二・百合子研究会編『宮本百合子』(1976・新日本出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みやもと‐ゆりこ【宮本百合子】
小説家。東京出身。本名ユリ。旧姓中条。日本女子大学在学中、「貧しき人々の群」で人道主義作家として文壇に出た。昭和二~五年(一九二七‐三〇)モスクワに滞在。帰国後、日本共産党に入党、宮本顕治と結婚。プロレタリア文化運動に加わる。戦後、民主主義文学運動の中心となった。著「伸子」「風知草」「播州平野」「道標」など。明治三二~昭和二六年(一八九九‐一九五一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本百合子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮本百合子の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦馬王堆漢墓マラソンレース短資業者リジェンダー

他サービスで検索

「宮本百合子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation