@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宮部みゆき【ミヤベミユキ】

デジタル大辞泉

みやべ‐みゆき【宮部みゆき】
[1960~ ]小説家。東京の生まれ。本姓矢部。親しみやすい文体、身近な設定、巧みなストーリー展開で、推理・ミステリー・SF・時代小説など多彩な分野の作品を執筆。「理由」で直木賞、「模倣犯」で芸術選奨など、多数の文学賞を受賞している。他に「火車」「名もなき毒」「本所深川ふしぎ草紙」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宮部みゆき みやべ-みゆき
1960- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和35年12月23日生まれ。法律事務所勤務などをへて作家生活にはいる。推理・時代小説,SFなど多彩な分野で注目され,平成4年「本所深川ふしぎ草紙」で吉川英治文学新人賞,5年「火車」で山本周五郎賞,9年「蒲生邸事件」で日本SF大賞,11年「理由」で直木賞。14年「模倣犯」で芸術選奨。19年「名もなき」で吉川英治文学賞。東京出身。墨田川高卒。本名は矢部みゆき。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮部みゆき
みやべみゆき
(1960― )

推理作家。東京都生まれ。本名矢部みゆき。墨田川高校卒業後、速記者となる。1987年(昭和62)『我らが隣人の犯罪』でオール読物推理小説新人賞を受賞してデビュー。89年(平成1)『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞して作家としての地位を確立した。超常能力をもつ青年2人が登場するSF風を加味した『龍は眠る』(1991)は日本推理作家協会賞に輝いた。また『火車(かしゃ)』(1992)は山本周五郎賞の受賞作で、カード・ローンによる自己破産という、いかにも現代的な状況のなかであがく犯人像を凄惨(せいさん)なまでに描いた力作。『蒲生邸(がもうてい)事件』(1996)で日本SF大賞を受賞。マンションで起きた一家4人惨殺事件をテーマにした『理由』(1998)で直木賞を受賞。日常的な、きわめてありふれた状況のなかに不可解な謎(なぞ)を設定するのはこの作家の得意とするところで、語り口のうまさには定評がある。吉川英治文学新人賞の受賞作『本所深川(ほんじょふかがわ)ふしぎ草紙』(1991)などの時代小説もある。実力もさることながら、めぼしい文学賞をのきなみ受賞するという、その意味ではユニークな作家。

[厚木 淳]

『『火車』(新潮文庫)』『『理由』(1998・朝日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮部みゆき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮部みゆきの関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題メタボリズム安保闘争教育改革黒人文学コーマン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation